お手頃価格で802.11ac対応 WCR-1166DS ポート開放設定の説明

バッファローが2016年5月発売の5000円前後で購入できる802.11ac対応無線ブロードバンドルータ「WCR-1166DS」のポート開放設定説明です。

WCR-1166DSの特徴ですが、注意点を先に説明します。本製品は有線LAN/WAN側の接続速度は100BASE-TXまでにしか対応しておらず、インターネットの接続速度は最大100Mbpsを超える事はありません。2.4GHz/5GHz帯マルチバンド対応ですが低価格が魅力的ですがフレッツ光ネクストや隼等、1Gbpsを売りにするインターネット環境への導入はお勧めできない。導入推奨インターネット環境は100Mbps未満のインターネット回線で例えばBフレッツやADSL回線への導入が適当。

無線LANのスペック IEEE802.11b/g/n/a/ac規格に対応し2.4GHz帯での最大速度はIEEE802.11nモード接続時300Mbps、5GHz帯での最大速度はIEEE802.11acモード接続時866Mbpsですが、インターネットのインターフェースは100Mbpsなのでそれ以上の速度は出ません。LAN内部限定での速度となります。

有線LAN/WANのスペック 10BASE-T/100BASE-TX規格に対応し最大速度は100Mbps全二重。また有線LAN差し込みポートは1つのみ。

その他の特徴としましては、スマートフォンでルーターのセットアップに対応しているのでパソコンが自宅に無い方に最適。USBポートが無いので簡易NASは利用できません。中継器の機能やVPNサーバー機能も搭載されていないので無線LANアクセスポイントまたはルーターとしてしか運用できません。

WCR-1166DS 本体

スポンサーリンク

設定画面を開く

バッファロールータの設定画面を開く手順の説明です。このURLhttp://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。次の様にログイン画面が表示されたら次の情報でログインします。

  • ユーザー名に admin
  • パスワードに password

注意事項、広告を無効にするアドブロック等をブラウザにセットアップされている場合正しく設定画面が出ないので、もし設定画面が出ないアクセス出来ない場合はそれらのサービスを停止してください。

バッファローの新しいログイン画面

パソコン以外の端末からも設定変更を加えることが出来ます。機種別を参考にログインして作業ください。

もしも192.168.11.1のURLで設定画面が開かない場合「アクセスポイントモード」(ブリッジモードとも言う)で動作している可能性が高いです。どうしてもルーターの設定画面を開く必要がある場合、本体背面にある動作モード切り替えスイッチを「router」側に切替えて下さい。その上で2分待ってからパソコン等の設定画面を開く端末を再起動。これでhttp://192.168.11.1/へのアクセスが可能となるはずです。ちなみに動作モード切り替えスイッチ「AP」は、ルーターモード無効化のアクセスポイントモード動作に切り替わります。

2016-bf-05-005

スイッチがROUTER位置なら通常192.168.11.1のURLで設定画面が開かなければならないのでマカフィーやセキュリティソフトが邪魔をしていないかを念の為確認して下さい。詳しくはルータにログインできないページを参照下さい。

設定画面は開くが、メニューページが表示できない場合は広告ブロックプラグインを無効にしてください。

ポート開放する方はこのまま続けて以下を参照下さい。無線LAN説定を参照する方はこちらからご覧ください。

準備

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。基本的にIPカメラ関係も下記のパスで構いません。UPnPで自動的にポート開放できるはずなのですが、もしも外部アクセス出来ない場合は手動で80番の設定を追加下さい。

IPアドレス:192.168.11.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

優先(プライマリ)DNS:192.168.11.1

代替(セカンダリ)DNSは空欄で構いません。

固定できたら必ずパソコンを再起動ください。

ポート開放設定を追加する

ルータのメインページの詳細設定を開いてください。

2016-bf-05-002

左メニューのセキュリティからポート変換メニューを開きます。図の場所に必要な情報を入力してポート開放設定を追加する事が出来ます。

スポンサーリンク

bf201619002-001-006

ポート変換にある以下の項目に必要な情報を追加します。注意事項としましては同じポート番号や重複ポート番号の設定は出来ないのでご注意ください。

bf201619002-001-007

設定サンプルとして幾つか例を掲載するのでそれを参考に任意のポート番号とプロトコルに変更して設定をしてみてください。

まずはネットワークカメラやWEBサーバーで一般的に使うTCP/80番を使って説明します。サーバツールに関してはインストール不要なANHTTPDがお勧めです。(ポートチェック時に必要)

  1. グループ、新規追加:web
  2. Internet側IPアドレス:変更しません
  3. プロトコルTCP/UDP:任意のTCPポートを選びます
  4. 任意のTCP/UDPポート:80
  5. LAN側IPアドレス:192.168.11.50
  6. 新規追加

以上で設定完了です。TCPポートを任意のポートに入れ替えることでご希望のアプリケーションのポート開放を行うことが可能です。

2016-bf-05-007

その他ご質問の多いプレイステーション関係です。UDPの3074のポート開放をしたいと言うご質問が多数ありますので以下を参考に設定を追加してみてください。

  1. 新規追加、ps
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に3074
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.50
  6. 新規追加

以上で作業完了です。

2016-bf-05-008

UDPポート開放設定例です。ご質問の多いマインクラフトPEにて説明します。

MinecraftPEはUDP/19132番を追加します。

  1. 新規追加、mctpeserver
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に19132
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.50
  6. 新規追加

2016-bf-05-0010

以上で作業完了です、こちらのUDPポート開放チェックで手動ポート19132と入力して回線チェックで手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来ます。

パソコン版マインクラフトサーバーの設定は次の通りです。

  1. 新規追加、mctpeserver
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に25565
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.50
  6. 新規追加

2016-bf-05-0011

もしもポート開放出来無い場合、二重ルーター環境が原因の可能性があるのでご確認下さい。

手順「詳細設定」から「ステータス」を開きます。

bf201619002-001-0012

ルーターの状態を表す一覧が表示されます。その中に「WAN」と言う項目があるのでそこに記載されている「IPアドレス」を確認して下さい。

もしWAN項目内にあるIPアドレスの最初の数字が192~、172~、10~、100~、と言う値の場合は二重ルーター環境もしくはポート開放出来無いインターネット契約プライベートIP割当契約となります。もし同様の状態の方でポート開放出来なくてお困りの場合はWAN側IPアドレスを記載の上コメント欄にご質問下さい。

2016-bf-05-0012

説明は以上です。

その他設定例

説明書とスマホ用設定アプリ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする