CG-WLNCMNGV2 ポート番号変更説明

ネットワークカメラの各種説明

CG-WLNCMNGV2(無線LAN対応)は、USBの外付けHDDにも動画を記録することが出来る、インターネット・ローカル対応のネットワークカメラです。

初期値のポート番号はTCPの80番を使用

DHCP割り当て環境に無い場合、カメラのアドレスは192.168.1.245となります。パソコンとLANケーブルで直結で設定される場合は、パソコン側のIPアドレス一時的に以下の様に変更下さい。

IPアドレス 192.168.1.10

サブネットマスク 255.255.255.0.

他設定不要です。一時的に上記に固定し、カメラの設定ユーティリティNC Finderで設定を行います。

作業が完了出来ましたら、上記に固定したアドレスを必ず自動取得に戻して下さい。

ダイナミックドメイン

コレガのネットワークカメラは無料のダイナミックDNS corede.netを利用し、外部から何時でも簡単にカメラを見る事が出来ます。また二重ルータ環境下でもグローバルIPアドレスの変動を正しく監視及び更新することが出来ます。

ネットワークカメラのIPアドレス指定とポート番号変更の説明

設定ユーティリティNCSetupをセットアップして設定を行うことも出来ます。

ユーティリティをなくしてしまった場合、http://corega.jp/prod/wlncmngv2/download.htmからダウンロード下さい。

又はWEBブラウザから直接呼び出す事が出来ます。

工場出荷時設定もしくは初期化後であれば

http://192.168.1.245

上記のアドレスをパソコンのブラウザに入力してEnterキーを押します

スポンサーリンク

ログイン画面が表示されるので

ユーザ名:空欄

パスワード:空欄

それぞれ何も入力しないでログイン下さい。

注意:既に任意のログイン名・パスワードを設定であれば、任意で設定したログインIDとパスワードを入力下さい。

ログイン出来ましたら、Setupボタンをクリックします。

ネットワークカメラトップページが表示されましたら

システム設定メニューから、カメラのIPアドレスを変更したりポート番号を変更する事ができます。

通常IPアドレスの固定は必要ありませんが、UPNP機能が上手く働かない場合はネットワーク「カメラ側のアドレスを固定しルータに手動でポートを開放を行うと改善します。

固定する場合システム設定のIP設定項目から指定する事ができます。

以下はCTU利用時の固定アドレスサンプルです。192.168.24.51を指定してCTUの静的アドレス変換にカメラの使うポートを開放設定を作成すれば外部アクセス可能になります。

手動ポートを開放する場合カメラのUPNPは無効にして下さい。

以下項目の有効チェックボックスを外すと無効とする事ができます。

以下のセカンドポート設定なのですが、UPNP機能で自動開放の場合やネットワークカメラデフォルトのTCP/80を使う場合無効としてください。

カメラのポート番号を変更する場合は有効にチェックを入れて、セカンドポートに任意のポートを指定下さい。

以下の様に8080を指定し、ルータに開放設定した場合のカメラを見る場合

http://ネットワークカメラのアドレス(グローバルアドレス):8080 とすれば見る事が可能になります。

説明は以上です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする