ネットワークカメラの接続方法

ネットワークカメラの各種説明

ネットワークカメラの設置や設定の接続説明です

設置や設定の方は図の様に有線LANケーブルルータやモデムに繋ぐだけになります。(無線対応の製品もあります)

肝心のポート転送(ポート開放)に付いてですが、殆どのネットワーク対応カメラにはUPnPプロトコルと言う自動的にポートを開く機能を持っていて、UPnPプロトコル対応のルータに繋ぐだけで外部からアクセス可能となります。が、確実に何時でもアクセスさせたい場合はルータへ手動でポート開放を行う方がベストだと言えます。(注:非UPnPプロトコル対応のルータ製品もありますが、ブロードバンドが普及した2005年以降レンタル又は販売されたルータには殆ど対応しています。)

スポンサーリンク

例えば、双方向通信性の高いプレイステーション3用に80番ポートをルータに転送設定している場合、ネットワークカメラの80番(一部の製品では8080がデフォルトの場合があります。)は使えない事になります。これらのトラブルを回避するにはカメラ側のポート番号を変更(後で説明)し、手動でルータへポート開放設定することで回避することも出来ます。

ルータが無い場合の方でも、一部のカメラには広帯域接続に対応した製品もありますし、もしくはCATVやeoホームファイバー等の接続しているネットワーク機器へグローバルアドレス割り当て環境であれば、モデムに直接繋げば外部アクセスは可能です。(この場合ポート開放の必要はありませんが、CATV回線やマンションインターネットの場合プレイベートIPアドレス割り当て契約の場合は対応出来ません。)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする