コレガ CG-WFR600 DMZ設定の説明

CG-WFR600に繋いでいるXBOXやPS3それにPSVITAやWiiUのポート開放が必要になった場合はDMZで簡単に対応頂けます。パソコンの場合にも適用は可能ですしNASやネットワークカメラのビデオポート関連がうまく働かない場合このDMZを適用すれば簡単に外部アクセス出来るようになります。但しパソコンの場合セキュリティに対して注意が必要になります。家庭用ゲーム機の方は特に心配する必要はありません。不正アクセス DMZやポート開放は大丈夫でしょうかをご覧ください。

DMZ設定手順の説明

まず適用したい端末のIPアドレスを確認して下さい。

次にCG-WFR600 ポート開放設定説明を参考に設定画面を開いて頂いてルータの設定画面を開きます。詳細設定からDMZを開いてください。

スポンサーリンク

以下のページが開きます。DMZのホストのプルダウンメニューから確認したIPアドレスを選んで設定を選んでください。以上で作業完了です。備考、ご覧の様に1台しか適用できませんもし例えばPS3に適用して次はXBOXに適用したい場合その都度お手数ですが切り替えて頂く必要があります。また二台同時にDMZを適用することは出来ません。詳しくは二台のゲーム機で同じオンラインゲームは出来ますか?を御覧ください。

もしもDMZを適用しても通信状態に変化がない場合、例えばNATタイプオープンに切り替わらない、NATタイプが3から2へ切り替わらない場合はUPnPを停止してみてください。時々誤動作でポート番号を取ってしまう事がありますのでそれを回避させます。

詳細設定のDMZ下のメニューUPnPを開きます。UPnPを使用するを”有効”から”無効”に変更頂いて設定ボタンを選ぶと無効化作業完了です。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする