Windows 10 パブリックプライベートネットワークの切り替えとNetBIOS無効化の説明

セキュアなインターネットを行いたい場合例えば公共のWi-Fiスポット等に接続する場合はパブリックネットワークで繋ぐ必要があるのですが、パブリックネットワークルールだとポート開放できない場合がありますので、もし何らかの理由でアプリのポート開放が正しく出来ない場合はプラベートネットワークルールに変更して下さい。

タブレットタイプで公共のWi-Fiスポットへ接続するとファイルが自動的に共有される恐れがあるので必ず「パブリックネットワーク」に切り替えてNetBIOSを無効にしてご利用下さい。

手順

コントロールパネル」を開いて頂いて「ネットワークとインターネット」を開きます。

win10fw0027

スポンサーリンク

開いた画面の「ホームグループ」を開いて下さい。

win10fw0028

ホームグループ設定の変更画面が表示されます「ネットワークの場所の変更」を開きます。

win10fw0030

ネットワークと言うスライドメニューが表示されます。

このネットワーク上のPC、デバイス、コンテンツを探し、プリンターやTVなどのデバイスに自動的に接続しますか?

ホームネットワークと社内ネットワークではこの操作を行うことをおすすめします。

はい、いいえの意味は次の通りです。好みのローカルエリアネットワークルールに切り替えられます。

  • はい、プライベートネットワーク
  • いいえ、パブリックネットワーク

win10fw0031

公共の施設でWi-Fi接続する場合は「いいえ」を選んでパブリックネットワークにします。自宅や社内LANでファイル共有する場合は「はい」を選んでプライベートネットワークルールを適用します。

ネットワークの場所の確認

現在プライベートネットワークなのかパブリックネットワークどのルールなのかを確認するには、デスクトップ画面の右下にある「パソコン」または「無線電波」アイコンを右クリック、タブレットの方は長くタップします。

スポンサーリンク

パソコンのアイコン

無線電波のアイコン

メニューが表示されるので「ネットワークと共有センターを開く」を選んで下さい。

win10-006

「ネットワークと共有センター」画面で図の場所で確認できます。アクティブな接続設定の下に現在のネットワークルール名が表示されます。

win10fw0032

NETBIOSを無効にする

NetBIOSサービスは簡単に言うとファイルを共有する事が出来るサービスです。家庭内や社内ならブロードバンドルータのIPマスカレードによるファイアウォールで守られているのですが、見知らぬ人が繋ぐ公共の場所では情報漏洩の懸念があるので無効にしてください。手順はIPアドレス固定説明(IPアドレスは固定しません、プロトコルの画面まで操作方法が同じの為)を参考に、ネットワークアダプターのプロパティ画面が表示されましたら

「Microsoftネットワーク用ファイルとプリンター共有」のチェックを外します。次に「インターネット・プロトコルバージョン(TCP/IPv4)」をクリックまたはタップして「プロパティ」ボタンをクリックまたはタップして下さい。

win10fw0035

IPアドレスは何も変更しません。右下の「詳細設定」を開きます。

win10fw0033

「TCP/IP詳細設定」画面のすぐ下にある「WINS」タブを開きます。ページ下の方「NetBIOS設定」項目の「NetBIOS over TCP/UPを無効にする」にチェックを入れて全ての画面を「OK」ボタンで閉じて頂ければ設定完了です。

win10fw0036

これでパソコンに保存しているデータを外部から見られる事は無くなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ネットワークとインターネットなんてねーよ より:

    ネットワークとインターネット
    なんてねーよ

  2. ジミー より:

    ホームグループを開いたら、ネットワークの場所の変更がなく、共有の詳細設定の変更…とホームグループのトラブルシューティングツールの開始しかありません。
    どうしたらいいですか?

    • kagemaru より:

      バージョンアップで変わったのでしょうか?今手元にWindws10が無いので帰宅してから確認してみます。お時間頂いてすみません。