コレガ CG-WLBARGNH ポート開放説明

コレガCG-WLBARGNHと言うルータのポート開放説明です。三階まで無線電波が届くとあるので、無線電波状態が弱くてお困りの方には最適なルータかもしれません。

設定前の注意点

フレッツ光プレミアム、YAHOOやイーアクセス、アッカの回線を導入された環境でこの無線ルータをネットワークへ増設した場合、元のモデムにルータ機能がある可能性が高いです。元モデムの場合二重ルータになる可能性があるので、以下の設定手順を参照頂いてもポートを開放する事は出来ないのでご注意ください。

二重ルータを確認の場合はWAN側IPアドレスを確認下さい)、ブリッジモード(ルータ機能OFF)に切り替えて下さい。背面のスイッチで簡単に切り替えることが出来ます。

設定手順の説明

まずパソコンからルータの設定画面を表示します。以下のアドレスをブラウザのURL欄に入力しEnterキーを押します。

http://192.168.1.1/

ログイン画面が表示されましたら以下のIDを入力下さい。

ユーザー名 root

パスワード 未入力(空欄)

【OK】をクリックすると表示されます。

もしも正しくログイン出来ない場合はルータやモデムにログイン出来ないを一度参照願います。

スポンサーリンク

ルータの設定画面が表示されましたら、左メニューの詳細設定メニューからバーチャルサーバメニューを選択し表示された以下の画面で設定を行います。

スポンサーリンク

ポート開放設定項目の説明

接続先:▼のプルダウンボタンからポート開放したい機器のIPアドレスを選択下さい。パソコン等固定していない場合はパソコンのIPアドレスを選択下さい。

サービス:ユーザー定義のままで構いません。

注:WEBサーバ関連のポートを開く場合は、サービス名から選択することが出来ます。

ポート範囲:開放したいポート番号をそれぞれ入力します。例えば6000を開放したい場合図の様に「6000」-「6000」と入力します。広範囲の場合は(例えば5000番から6000番まで開きたい場合)「5000」-「6000」と指定します。

プロトコル:開放したいポートの種別を選択します。特に指定が無い場合は概ねTCPを選択下さい。サーバ関連はTCPを選択します。

備考:特に入力する必要はありません。

入力出来ましたら登録ボタンをクリック

複数開放する番号がある場合は上記の作業を繰り返して設定下さい。

注意点としましては、開放するポート番号が重複しないよう気をつけてください。また同一ポート番号を別々の機器へ開放する設定を作成することは出来ませんのでご注意ください。(同一ポート番号を開放する必要がある場合はもう一本セッションを追加で対応しなくてはならない。2セッション

以下の様に設定が追加されましたら作業完了です。

説明は以上ですが、プレイステーション3や任天堂Wii、XBOXのポート開放や上記説明の意味がよく分からない場合はDMZの説明を参照すると良いでしょう(簡単に設定することが出来ます)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする