WLS-L11G ポート開放の説明

バッファローの無線ルータWLAR-L11G-L WLS-L11GPS-L WLS-L11GSU-L共通のポート開放説明です。

注意:もしも万が一開放出来ない場合は二重ルータ環境の懸念があります。この場合一度WAN側IPアドレスを確認下さい。

設定前に開放したいパソコン又はプレイステーションもしくはPSP等のIPアドレスを確認し、アプリケーションが使用するポート番号をご確認下さい。

ポート番号情報が不明な場合や、設定方法がよく分からない場合は設定が簡単なDMZ設定をお試し下さい。

設定手順

ルータを設定する画面を表示

http://192.168.0.1/のアドレスをInternetExplorerのアドレス欄に入力してEnterキーを押します。

もしもアドレス入力の方法でルータの設定画面を表示できない場合はこちらのユーティリティーのクライアントマネージャから開いて下さい。

設定画面が開きましたら、詳細設定ボタンを選択下さい。

ルータ設定メニューのアドレス変換メニューを選択頂いて、アドレス変換テーブルの追加項目に個別ポート開放設定を作成します。DMZを設定される場合はアドレス変換設定のこちらを参照下さい。

スポンサーリンク

バッファローWLS-L11Gポート開放

設定前に、一応画面上の方にありますアドレス変換の使用するにチェックが入っているか念の為確認してから作業お願いします。

アドレス変換設定サンプル

TCPプロトコルの12500を開放する場合のサンプル

パソコンのIPアドレスは:192.168.0.2だったとします

WAN側IPアドレス:エアーステーションのWAN側アドレス(ここを変更してはいけません)

プロトコル:TCP/UDPにチェックを入れ

1、任意のTCPポートを選択

2、任意のポート 12500と入力

LAN側IPアドレス:192.168.0.2

入力出来ましたらアドレス変換テーブルに追加ボタンを選択で作業完了です。

ポート番号やLAN側IPアドレスは任意の値に入れ替えて設定下さい。

UDPプロトコルのサンプル

UDPプロトコルポート番号5730を開く場合。上記のTCP設定と手順は同じ

プロトコルの項目で任意のUDPポートを選択し、後は同じです。

簡単ですが説明は以上です。最後にパソコンの場合はファイヤーウォール設定の例外ルールの作成もお忘れなく。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする