WHR-AMPG ポート開放の説明

バッファローWHR-AMPGのポート開放手順の説明です。注意点としましてはインターネット回線導入時元々ルータがあるにも関わらずWHR-AMPGを追加導入された場合は二重ルータ環境になる可能性があります。フレッツADSLやBフレッツ、CATV回線以外の方はまず二重ルータになってない事を確認の上設定作業をお願い致します。確認する手順としましてはWAN側IPアドレスを確認頂く事で判断する事ができます。

ハードウェア別設定例

任天堂WiiもしくはDSやPSPに最適なDMZ設定

プレイステーション3専用説明

設定前にまずバッファローのルータはローカル側IPアドレス割り当てが電源起動したクライアント順(パソコンなど)に割り当てられ変動する事が多いのでこれを固定してしまいます。(変動するとポートが閉じてしまう為)

IPアドレス固定例

IPアドレス:192.168.11.30

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

上記の様に固定頂いた192.168.11.30を元に設定説明させて頂きます。

スポンサーリンク

設定手順の説明

まずルータの設定画面を表示します。プレイステーション3から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)

エアーステーションツールもしくは、http://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。

ログインする際に入力が必要なのはユーザー名のみです。

ユーザー名 root

パスワードは通常空欄

上記の方を入力でログインする事が出来ます。

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が開きましたら、ゲームアンドアプリを開いてください

スポンサーリンク

ゲームアンドアプリが表示されましたら、ポート変換を選んで下さい。次のポート変換設定の項目に必要な情報を入力して設定します。

まず練習としてANHTTPDと言うインストール不要のWEBサーバを用いてTCPプロトコル80番ポートを開いてみましょう。(ANHTTPD WEBサーバソフト

入力項目説明

新規追加に任意の名称を入力します 例 web

WAN側IPアドレス:エアーステーション側のWAN側IPアドレスから変更してはいけません。

プロトコル TCP/UDPにチェックを入れていただいて、任意のTCPポートを選びます

任意のTCP/UDPポートに開放したいポート番号を入力します。

LAN側IPアドレスは開放したいパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを入力します。

冒頭固定頂いた192.168.11.30

LAN側ポートは空欄でかまいません

設定できましたら新規追加ボタンをクリックして作業完了です。

以下設定サンプルです。青い文字の値を任意の情報に変更する事でそれぞれのアプリケーション向けポート開放を作成する事ができます。

次の例

xlinkkaiの設定を作成する場合

UDPプロトコル30000番(デフォルトの場合)

広範囲に開く場合

例えばPSPのアプリケーションでメタルギアソリッド等に繋いで楽しむ場合

プロトコルUDPの5730から5739番までを開く必要が有るため以下の様に固定します。PSPのIPアドレスもこのとき固定する必要があります。(PSPのIPアドレス固定方法

説明は以上です。パソコン関連の方は続いてパソコンウイルス対策製品のファイヤーウォール時設定の変更または解除設定が必要になります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする