プラネックスルータのPPPoE設定説明

インターネット接続

プラネックス製品の2009年以降販売のブロードバンドルータ共通のNTT提供のフレッツやeo光回線に導入する際に必ず必要なPPPoE接続設定作業の説明です。2012年の新型ではそうでもないと思うのですがプラネックス製品の多くはコンバータモードやアクセスポイントモードを同時搭載する製品が多くまたファームウェア不具合も多々ありまともに設定できない場合もありますのでご了承願います。設定サンプルと致しまして必ずルータモードに動作させる手順こちらのMZK-WG300NX ルータモードで動作させたいを参考に強制的にルータモード動作させて置いたほうが直ぐに作業完了すると思います。

もしこれからルータを導入をお考えの方は(光ネクストやeoギガ光ならギガビット対応ルータでご用意下さい。)プラネックス ルータ から参照頂けます。

備考、簡単設定ツールがリリースされました。特にスマートフォンしかご自宅に無い方はより簡単に接続設定を完了する事が出来ますのでお試し下さい。対応するブロードバンドルータの型番が該当するならご利用頂けます。

スポンサーリンク

準備

まずPPPoE広帯域接続に必要なIDとパスワード書類を用意して、NTTまたはeo光が設置したモデムとプラネックス製品のブロードバンドルータのInternet(WANと言う記載の場合あり)差し込みに付属のLANケーブル(製品の箱の中に入ってます)でつなぎ合わせます。モデムとは/LANケーブルとは

スポンサーリンク

次にパソコンかPS3をLANの差し込み1-4どこでも良いのでLANケーブルで繋ぎます。一つしか差し込みない場合もあります。LANポートが足りない場合はHUBをご用意下さい。

スイッチがあると思うのですがAP/コンバーターとは絶対にしないようにして下さい。RTかAUTO位置にスイッチがあることがあることを確認の上

準備が出来たら設定画面を開きます。パソコンかPS3のブラウザから次のURLを開きます。何れかで開くと思うのですが一番早く設定画面開くパスを見つけるにはデフォルトゲートウェイへアクセスが一番早期に設定画面開くことが出来ると思います。XPのIPアドレス確認

アクセス出来たらログイン画面が表示されるので次の情報でログインして設定画面を開くことが可能です。

  • ユーザー名はadmin
  • パスワードはpassword

接続設定説明

設定画面が開いたらネットワークからWANセットアップを開きます。

設定する項目の説明です。プロバイダを変更するだけの方はユーザー名とパスワードだけ変更して下さい。

  • WANの種類をPPPoE接続に変更
  • PPPoEタイプはそのまま、マルチは選びません。但しフレッツススクウェア利用の方はマルチを選んでスクウェア側の設定を作成する必要があります。
  • ユーザー名、プロバイダ発行の接続IDです。例myid@biglobe.ne.jp
  • パスワードも同様プロバイダ発行の接続パスワードです
  • 接続タイプは常時接続
  • DNSは自動取得です
  • 他は操作変更しません。

上記入力できたらページ下の方へ行って適用を選んで作業完了です。WAN詳細設定は推奨設定なので変更しないで下さい。

説明は以上です

その他のブロードバンドルータのPPPoE設定説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする