プラネックス MZK-MF300N2 設定画面の開き方

プラネックスからルータモードにコンバータモードにアクセスポイントモードとして使える無線LAN、MZK-MF300N2の設定画面の開き方の説明です。

ルータかAPモードで利用している時の手順

この複合ブロードバンドルータは非常に厄介です。上流がすぐにWAN側となる場合は良いのですが、例えばルータが自宅にあるのにこれをルータとして導入した場合、設定画面を開くのが困難となる場合があります。まず次の事が確認してください。コンバータ以外で使う方は必ず本体の動作モードスイッチは、AUTOの位置にしてください。

スポンサーリンク

次に、。http://192.168.111.1/またはhttp://mf.setup/このアドレスをクリックもしくはInternetExplorerのアドレス欄に入力しEnterキーを押します。もしもエラー「ページを表示出来ません」となる場合は、次を参照。ログイン画面が表示される方は以下の情報で設定画面を表示することが出来ます。

ログイン画面が表示されるので

ユーザー名 Admin

パスワード password

【OK】をクリックすると表示されます。

http://192.168.111.1/を開くとエラーになる場合は、パソコンのIPアドレス(このルータに繋いでいる機器のIPアドレスで構いません)を調べて下さい。

調べたIPアドレスの一番後ろを(例、192.168.0.2や192.168.1.2、192.168.3.2等、この場合だと2の場所です。)その数字を250に変更して下さい。以下にサンプル置いておきます。

上記で開く場合はアクセスポイントモード動作です。ルータモードへ切り替えるには、こちらの情報でログインして、ステータスを開き、モードメニューを開きます。

スポンサーリンク

動作モードをルータモードに変更し適用を選んでルータが再起動したら、本機はルータとして動作します。何故この様な説明が必要なのかに付きましては、マンションやアパートでお住まいのかただと上流がすでにプライベートIPアドレスなので、APモードで動作する恐れがあります。よってせっかく用意したルータなのにAPモードで動作していてはパソコン1台しか繋がらない問題などがありますので、もしもご友人でWi-Fiは繋がるけどインターネット出来ないなどの問題がありましたらこの設定を案内してください。

コンバーターモード時の設定画面の開き方

コンバーター動作時は特に設定画面を開く必要は無いとはと思いますが、接続先親機変更時設定し直しが必要になるので、念の為記載しておきます。

コンバーター動作時もログインの情報はこちらの情報でログインするのですが、アクセス先IPアドレスが異なります。パソコンのIPアドレス(このルータに繋いでいる機器のIPアドレスで構いません)を調べて下さい。

調べたIPアドレスの一番後ろを(例、192.168.0.2や192.168.1.2、192.168.3.2等、この場合だと2の場所です。)その数字を249に変更して下さい。以下にサンプル置いておきます。

説明は以上です。エラーとなる場合はルータにログイン出来ないを参照願います。

その他の設定やダウンロード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする