プラネックス MZK-MF300N2 ポート開放

プラネックスからルータモードにコンバータモードにアクセスポイントモードとして使える無線LAN、MZK-MF300N2のポート開放手順と、無線設定の説明です。備考、初心者にはやや、厄介な複合ブロードバンドルータですので、パソコンに自身がない場合はバッファロー等の簡単Wi-Fi対応ルータがおすすめです。

MZK-MF300N2の特徴としましては、有線側の通信速度は100BASE-TXまでとなるので、最大100Mbpsインターネットの環境に最適なブロードバンドルータ又はアクセスポイント又はコンバータとして導入頂けます。なのでフレッツ光ネクスト、auギガ光、はやぶさ、JCOM160Mbps、eo光200Mbps以上のご契約者様には導入は可能ですが速度記載の数字が出ない現象となるので導入は不向きです。

おすすめのインターネット環境としては、Bフレッツ、フレッツ光プレミアム、一般的なADSLやCATV回線の方となります。またLANポートは1つ、その他WANポートも1つとなります。有線LAN複数必要な場合HUBが必要になります。LANを分割や分岐させる方法

無線機能に付きましては、IEEE802.11b/g/nに対応、無線最大速度は802.11n(40MHz)の300Mbpsとなり専用無線子機が必要になります。

無線最低通信速度は1Mbpsとすることが可能なのでDS(802.11b対応でも11mbps等の高速無線には繋がりにくい現象があります。)も繋がると思います。パソコンはもちろん3DSやPSVITA、WiiにWiiUも繋がります。その他の情報はamazonの口コミが参考になると思います。amazon MZK-MF300N2

スポンサーリンク

設定画面を開く

この複合ブロードバンドルータは非常に厄介です。上流がすぐにWAN側となる場合は良いのですが、例えばルータが自宅にあるのにこれをルータとして導入した場合、設定画面を開くのが困難となる場合があります。それらを踏まえて下記のページに別途用意しましたので、ご参照の上ページを開いて下さい。

設定の準備

まずポート開放するパソコンやその他クライアントのIPアドレスを固定してしまいます。以下の様にIPアドレスを固定した状態で説明させて頂きます。

IPアドレス:192.168.111.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.111.1

DNS:192.168.111.1

設定完了しましたら、必ずパソコンを再起動してください。

もしも、上記の設定を行ってWEBページが見れなくなった場合、DNSアドレスをプロバイダ指定のDNSに書き換えてください。WEBサイトが見れない

ポート開放の手順説明

セキュリティメニューを開いて下さい。

仮想サーバを開きます。

こちらの方にポート開放設定を追加します。入力項目の説明です。

  1. ローカルIP、ここに固定したIPアドレスを入力します。
  2. ローカルポート、LAN側ポートなのですが、4番の公開ポートと同じ番号で構いません。
  3. プロトコル、TCPかUDPかBOTH(両方)から選びます。
  4. 公開ポート、ポート開放したい番号
  5. コメントは任意です。
  6. 仮想サーバを有効にするは必ずチェックをいれてください。
  7. 追加
  8. 適用

以上の流れで設定できます。

スポンサーリンク

仮想サーバ設定サンプル

練習の為にWEBサーバの80番ポートを開く設定を作ってみましょう、こちらのANHTTPDがあれば正しくポートが到達するかを確認する事が出来ます。

図の通り設定頂くことでWEBサーバのポート開放出来ると思います。設定完了出来ましたら必ず適用ボタンをクリックしてください。以上で作業完了です

  1. ローカルIP、192.168.111.10
  2. ローカルポート、80
  3. プロトコル、TCP
  4. 公開ポート、8080
  5. コメントは任意です。
  6. 仮想サーバを有効にするは必ずチェックをいれてください。
  7. 追加
  8. 適用

ポート変換設定例です。例えば自宅に防犯カメラを設置し80番ポートで稼働させているのですが、外部公開は80番ポートでは無く、例えば8080番など特定されにくいポート番号でアクセスしたい場合は以下の様にポート変換させればご希望にかないます。

  1. ローカルIP、192.168.111.10
  2. ローカルポート、80
  3. プロトコル、TCP
  4. 公開ポート、8080
  5. コメントは任意です。
  6. 仮想サーバを有効にするは必ずチェックをいれてください。
  7. 追加
  8. 適用

ただし防犯カメラ、ネットワークカメラのUPnPは停止する必要があります。ポート変換で外部からアクセスする場合は、次の様に8080を付加してアクセス出来ます。例、http://mycamera.com/のダイナミックドメイン等であれば次の様に外部からアクセス出来るようになります。コロン:8080を付加します。内部は通常のhttp://ネットワークカメラのIPアドレス/でアクセス可能です。

  • http://mycamera.com:8080/

ビットトレントのポート開放設定例

  1. ローカルIP、192.168.111.10
  2. ローカルポート、62799
  3. プロトコル、両方又はTCPを選択
  4. 公開ポート、62799
  5. コメントは任意です。
  6. 仮想サーバを有効にするは必ずチェックをいれてください。
  7. 追加
  8. 適用

UDPポートの設定サンプルです。xlinkkaiの設定で試してみましょう。

  1. ローカルIP、192.168.111.10
  2. ローカルポート、30000
  3. プロトコル、UDP
  4. 公開ポート、30000
  5. コメントは任意です。
  6. 仮想サーバを有効にするは必ずチェックをいれてください。
  7. 追加
  8. 適用

xlinkkaiセットなくともこちらのUDP ポート開放チェックで確認する事が出来ます。

説明は以上です。何か不明な点、他のポート番号や異なるパソコンへの設定等に付きましてはルータ設定BBSにご質問頂けましたらご案内出来ると思いますのでご連絡の方お願い致します。

その他の設定やダウンロード

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする