LAN-W300N PGRB IGRB UDPポート開放

ロジテックとエレコムから発売されているLAN-W300N PGRB IGRB無線ブロードバンドルータ東方緋想天やPSP.NetPartyとxlinkkaiのUDPプロトコルのポートを開放する手順の説明です。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.2.60

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.2.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

備考:DNSはGoogleパブリックDNSになります。もしもプロバイダ提供のものがあればそちらのDNSを設定してもかまいません。

IPアドレスを固定できたら必ずパソコンを再起動下さい。

設定画面を表示する

LAN-W300N PGRB IGRB ポート開放説明を御覧下さい。

設定画面が開いたら同ページに説明のあるポート転送説明を参照し設定画面を開きます。ポート転送画面が開いたらそれぞれコンテンツ別の説明を参照しUDPポートの開放設定を作成します。

スポンサーリンク

東方緋想天 UDPポート開放

  1. ポートフォワーディングを有効にするに必ずチェックを入れます
  2. IPアドレス192.168.2.60
  3. プロトコルUDP
  4. ポート範囲:「10800」-「10800」
  5. 適用
  6. ルータを再起動

次にこちらへジャンプして下さい。

PSP.NetParty xlinkkai UDPポート開放

xlinkkaiですがリンク先を参照しUDP無線LANが用意出来ているか等を確認してから設定下さい。PSP.NetPartyはサーバを設置する方のみで構いませんクライアント側はポート開放する必要はありません。

  1. ポートフォワーディングを有効にするに必ずチェックを入れます
  2. IPアドレス192.168.2.60
  3. プロトコルUDP
  4. ポート範囲:「30000」-「30000」
  5. 適用
  6. ルータを再起動

次にこちらへジャンプして下さい。

UDPポート開放をチェックする

次にUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールからxlinkkaiの方は手動ポート30000と変更、東方緋想天の方は手動ポート10800に変更し回線チェック。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする