PPTP対応ルータ

PPTP対応ルータの一覧です。基本的にVPNパススルー機能がPPTPプロトコルに対応している製品です。

PPTPサーバを運営したい場合は、プラネックスの一つの製品とバッファローかNECそれとYAMAHA製品が適当です。他の製品につきましてはクライアント接続のみ対応ですが、一部のブロードバンドルータではクライアント接続も対応していない場合があるのでVPN環境構築時は必ずWAN側から転送対応しているのか、LAN側からPPTPパススルーさせることができるのかを確認下さい。

プラネックス

プラネックス公式説明VPNパススルー機能に関して、VPN接続を許可できるのは1セッションのみで同時接続は不可。サーバ側に対応しているかは不明。クライアント接続側なら問題なくVPN接続対応。

  • MZK-W300NH
  • MZK-W04G
  • MZK-W04NU
  • BRC-14VG(本体にサーバ機能を内蔵)

スポンサーリンク

コレガ

VPNパススルー機能がPPTPプロトコルに対応する製品。但しWAN側からLAN側へのプロトコルGRE転送も許可されるのかは不明。LAN側からVPNサーバに対してはPPTPプロトコルが有効に働くのでクライアント接続用には適当なモデルになります。

  • CG-WLR300GNE
  • CG-WLR300NNH
  • CG-WLR300GNH
  • CG-WLR300NM
  • CG-WLBARAGNL
  • CG-WLBARAGND
  • CG-WLR300N
  • CG-WLBARGN(シリーズ)
  • CG-WLBARGNH
  • CG-WLBARGNM
  • CG-WLRGNXW
  • CG-WLRGNXB
  • CG-WLBARGTS
  • CG-WLBARGTW
  • CG-WLBARGNL
  • CG-WLBARGSX
  • CG-WLBARAG2
  • CG-WLBARBV2
  • CG-WLBARAGL
  • CG-WLBARGP
  • CG-WLBARAGS
  • CG-WLBARBV2
  • CG-WLBARAG
  • CG-WLBAR11
  • CG-BARHGWL
  • CG-BARPROG-X
  • CG-BARPROG
  • CG-BARPRO6
  • CG-BARFX2
  • CG-BARMX
  • CG-BARHX
  • CG-BAREX
  • CG-BARSDHT
  • CG-BARSD
  • CG-BARPRO3
  • CG-BARFX
  • CG-BARSW4PHG
  • CG-BARPRO2
  • CG-BARSW4PVA

NEC ATERM

AtermシリーズのPPTPサーバ対応製品。注意事項としましてはルータ本体にダイナミックドメイン対応製品殆無し。最新モデルWR8700以降の製品であれば有料のビッグローブ提供ダイナミックドメイン利用可能。WAN側待ち受けに使う場合はポート開放を行う必要があります。

PPTPポート開放説明を掲載しました。

バッファロー

本体PPTP機能内蔵/Dyndns対応モデル。尚下記の製品につきましてはポート開放頂く必要はありません。バッファロー PPTP設定(VPN設定)

スポンサーリンク

  • WZR-HP-G302H
  • WZR-HP-AG300H
  • WZR-HP-G301NH
  • WZR-HP-G300NH
  • WHR-HP-G300N
  • WHR-HP-GN
  • WHR-G301N
  • BHR-4RV(マニュアル28-29の設定を参照)
  • DWR-PG(VPNマルチパススルー/Dyndns対応/本体PPTP無し)

その他VPNパススルーに対応しているブロードバンドルータ一覧、VPNサーバ対応なのかは不明、クライアント側利用時にVPNサーバ側への接続は可能です、ダイナミックDNSに対応していませんのでVPNサーバには向きません。

富士通

基本的に全てのFLASHWAVE製品はIPマスカレードパススルーによるVPNクライアント接続は対応。

YAMAHA ネットボランチ

ネットボランチダイナミックドメイン対応VPNサーバ、VPN網接続に対応の高価なブロードバンドルータです。ポートを開放する必要は有りません。 YAMAH PPTP設定(VPN設定)

  • NVR500
  • RT58i
  • RT57i
  • RT56v
  • RTA55i
  • RTW65i
  • RTW65b
  • RT60w
  • RTA54i
  • RTA52i
  • RTA50i

IOデータ

GREプロトコル転送機能なし。クライアント接続のみ対応と認識頂く方が望ましいです。

  • NP-BBR(PPTPパススルー初期値無効)
  • WN-B11/R
  • WN-B11/R-S
  • WN-G54/R
  • WN-G54/R-S
  • NP-BBRM

YAHOO トリオモデム 光ユニット

基本的にVPNパススルー機能、GREプロトコル転送機能非搭載。Trioモデム関連ならNATを無効に頂いて、別途PPTP接続対応ブロードバンドルータへの買い替えか、NATを無効にしてクライアントへのグローバルIPアドレス直接割り当て(フレッツ光YAHOOは広帯域接続)環境にしていただいてVPNクライアント接続を行うことは可能です。

NTT

NTTフレッツ関連で提供のルータですが、基本的にGREプロトコル転送不可能。VPNパススルー機能はあるので、クライアント接続のみ対応もCTUフレッツ光プレミアムはクライアント接続にも対応しておらず対応方法としましては、CTUのPPPoEブリッジ接続を有効にして別途VPN対応ルータ側からVPN環境を構築頂く必要が有ります。

うまくいかない場合はフレッツワイドVPNサービスもありますのでそちらのサービスをご利用頂くと簡単に構築できると思います。

フレッツワイドVPN広帯域接続設定説明

フレッツに関しましてはクライアント接続に限り、VPN接続したいクライアントをPPPoEブリッジ接続させてVPNサーバにつなぐことは可能だと思います。詳しくはマイクロソフトのPPPoE Over VPNを参照。

その他

VPN対応ルータでもVPN接続ができない場合

VPN対応ルータがご自宅にあるのに、例えば大学のVPNサーバへの接続ができない問題が発生する場合は次の事をご確認下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする