フレッツホームゲートウェイ PR-600 / RX-600 シリーズの特徴とポート開放設定の説明

2019年リリース フレッツホームゲートウェイ PR・RX 600シリーズの特徴

2018年はNTTの新型ホームゲートウェイのリリースがありませんでしたが、2019年一挙4製品「PR-600KI / PR-600MI / RX-600KI / RX-600MI」をリリース

フレッツもいよいよ10Gbsp対応になったのかと思いきや、今回発売されたホームゲートウェイはWi-Fi機能が強化され5GHz帯4 x 4ストリームに対応

有線WAN(1ポート)・LAN(4ポート)のスペックは1Gbpsのままだが、IEEE802.11acの接続速度が最高1733Mbpsへと向上。また5GHz帯のIEEE802.11nモードも最高600Mbpsへと向上している。

その他の基本機能は500シリーズのホームゲートウェイと同じ

NTTより2015年にレンタルが開始された最新ルータ機能内蔵ホームゲートウェイ「RS-500KI」と「RS-500MI」のポート開放手順の説...

2019年発売 PR-600KI ホームゲートウェイ

スポンサーリンク

設定画面を開く

パソコンから設定画面を開きます。http://192.168.1.1又はhttp://ntt.setup/アドレスをブラウザのアドレス欄へ入力しEnterキーを押すとログインの画面が表示されるのでユーザー名にuserを入力、パスワードは一番最初にルーターの設定画面を開いた方が決めたパスワードを入力下さい

NTTルーターログイン画面

スマートフォンで設定画面を開く場合はQRコードで開いていただけます。

QRコード http://192.168.1.1/

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

準備IPアドレスを固定する

ポート開放したい端末のIPアドレスを固定します。任天堂端末は次の説明をご覧ください。

IPアドレス:192.168.1.80 (192.168.001.080)

サブネットマスク:255.255.255.0 (255.255.255.000)

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1 (192.168.001.001)

優先DNS:192.168.1.1 (192.168.001.001)

代替DNS:8.8.8.8 (008.008.008.008)

補足、かっこの値は任天堂機器または防犯カメラ用の値です。

IPアドレスを固定できたら必ず端末を再起動下さい。 問題なくインターネットに接続できる事を確認できたら個別にポート開放設定を追加ください。

PS4や任天堂スイッチ等のゲーム機の方はこちらのDMZを適用ください。

ポート開放設定説明

設定画面を開いたらトップページに表示される接続先名のメインセッションにチェックが入っている事を必ずご確認お願い致します(異なる場合はチェックが入っているメインセッションを静的IPマスカレード設定追加時に変更が必要)。

NTTルーター接続先確認画面

次に詳細設定を開き静的IPマスカレードメニューを開きます。ここに必要な情報を入力してポート開放設定を追加します。尚静的NAT設定とワンタッチ設定でもポート開放できるのですが一番有線処理されるのはメーカー公式説明では静的IPマスカレードが最優先されるとの事。

2019-pr600ki-1105-4

静的IPマスカレード画面エントリ1から編集ボタンをクリックすると設定項目を表示させる事が出来ます。

2019-pr600ki-1105-5

こちらの項目に必要な情報を追加していきます。

  1. 変換対象プロトコル TCPまたはUDPを選択
  2. 変換対象ポート ポート開放したい番号(インターネット側、範囲指定出来ません)
  3. 宛先IPアドレス ポート開放する端末のアドレス192.168.1.80
  4. 宛先ポート 2番で指定した同じポート番号(端末側、範囲指定出来ません。)
  5. 設定ボタンを選んで保存

後最後に必ず「有効・無効」のエントリにチェックを入れて保存して完了してください。

2019-pr600ki-1105-6

スポンサーリンク

設定例としまして、ネットワークカメラやWEBサーバが使うTCP/80番の入力例をご覧ください。ポートチェックにインストール不要のANHTTPDを使えば簡単に通信テストを行うことが可能です。

  1. 変換対象プロトコルTCP
  2. 変換対象ポート、80
  3. 宛先IPアドレス、192.168.1.80
  4. 宛先ポート、80
  5. 設定ボタンを選んで保存

2019-pr600ki-1105-7

その他、Minecraftサーバ動作の設定TCP/25565の設定例です。

  1. 変換対象プロトコルTCP
  2. 変換対象ポート、25565
  3. 宛先IPアドレス、192.168.1.80
  4. 宛先ポート、25565
  5. 設定ボタンを選んで保存

2019-pr600ki-1105-8

UDPポートを設定する手順の説明。MinecraftポータブルエディションUDP/19132の説明です。

  1. 変換対象プロトコルUDP
  2. 変換対象ポート、19132
  3. 宛先IPアドレス、192.168.1.80
  4. 宛先ポート、19132
  5. 設定ボタンを選んで保存

2019-pr600ki-1105-9

設定が追加できたらUDPポート開放チェックを参照し回線チェックツールから手動ポート19132。手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来るようになります。

ポート開放設定の保存

必ず追加したエントリ番号左側にチェック(有効・無効)を入れて、設定ボタンを選んで保存です。チェック入れ忘れだと設定が有効にならないのでご注意ください。

2019-pr600ki-1105-10

DMZを適用します

家庭用ゲーム機の場合DMZを適用してください。「詳細設定」から「静的NAT」を開きます。

2019-pr600ki-1105-12

簡易DMZ設定の”外部からのパケットをすべて特定ホストに中継する”にチェックを入れます。下の特定ホストのIPアドレスに192.168.1.80と入力して設定ボタンを選んで保存。これで作業完了です。尚DMZと静的IPマスカレード混在の設定はしないでください。静的IPマスカレードが最優先されますのでもしこちらの方に設定がある場合はDMZが正しく働かなくなります。

2019-pr600ki-1105-11

ポート開放できなかった場合

もしポート開放出来無い場合はUPnPを無効にしてみてください

「詳細設定」を開いて「高度な設定」を開きます。UPnPを使用するのチェックを空欄にしてしまい、ページ下の設定をクリックまたはタップして保存。これでUPnPを無効化に出来ます。

2019-pr600ki-1105-13

その他

各種マニュアル

NTT東日本のサポートページよりダウンロード可能です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする