スポンサーリンク

WHR-1166DHP3 iPhone6の最適なWi-Fi環境を構築できる無線ルーターポート開放設定説明

ポート開放

バッファローから2016年6月発売された無線ブロードバンドルーター「WHR-1166DHP3」のポート開放設定の説明。
WHR-1166DHP3の特徴は有線LAN側が余り重視されておらず最大速度は100Mbps(100BASE-TX対応)、WAN側ポートは1000BASE-Tに対応するのでインターネット対応速度は最大1000Mbpsだ。一方無線LANのスペックはIEEE802.11acに対応し最大速度が866Mbpsに加えてビームフォーミングに対応。iPhone6、iPhone6 Plus、GALAXY S4のWi-Fi接続環境に最適なインターネット環境を提供できる製品仕様となっている。
無線LNAのスペックは2.4GHz/5GHz帯マルチバンド対応しIEEE802.11b/g/n/a/ac規格に対応。2.4GHz帯の最大速度はIEEE802.11nモード接続時300Mbps。5GHz帯の最大速度はIEEE802.11acモード接続時最大866Mbps。
ルーター以外の機能としては無線中継器+コンバーターとして動作可能。DDNS対応、USBポート無し、VPNサーバー機能なし。
WHR-1166DHP3に最適な端末はiPhone。不向きな端末PS4/PS3/WiiU等の2.4GHz接続しか出来ない端末は最大速度300Mbpsまで、有線LAN接続のパソコン等は最大速度100Mbpsしか出ない。
WHR-1166DHP3本体
 

パソコンなどで設定画面を開く

バッファロールータの設定画面を開く手順の説明です。このURLhttp://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。次の様にログイン画面が表示されたら次の情報でログインします。

  • ユーザー名に admin
  • パスワードに password

注意事項、広告を無効にするアドブロック等をブラウザにセットアップされている場合正しく設定画面が出ないので、もし設定画面が出ないアクセス出来ない場合はそれらのサービスを停止してください。
meruko2015-09-002
パソコン以外の端末からも設定変更を加えることが出来ます。機種別を参考にログインして作業ください。

もしも192.168.11.1のURLで設定画面が開かない場合ブリッジモード(ルーター機能無効)で動作している事が原因の可能性が高いです。
動作モードをルーターモードに切り替えるには本体の背面のスイッチで切り替えられます。
写真右上の切り替えスイッチを「Router」位置に切替えていただければ「http://192.168.11.1/」へアクセス出来るようになります。
注意、動作モード切り替えスイッチを操作した場合最低2分待ってからIPアドレスは必ず自動取得の状態でパソコンを再起動してください。
補足、切り替えスイッチの説明。
ROUTERはルーターとして動作
BRIDGEはアクセスポイントモードと言うルーター機能無効化の動作モードです。
AUTOは上流自動判別モード。ルーターモード又はアクセスポイントモード自動切り替わり。
2016-bf-0605002
ルーターモードでもアクセス出来ない場合詳しくはルータにログインできないページを参照下さい。
ポート開放する方はこのまま続けて以下を参照下さい。無線LAN説定を参照する方はこちらからご覧ください。

準備

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。基本的にIPカメラ関係も下記のパスで構いません。UPnPで自動的にポート開放できるはずなのですが、もしも外部アクセス出来ない場合は手動で80番の設定を追加下さい。

IPアドレス 192.168.11.30 (192.168.011.030)
サブネットマスク 255.255.255.0 (255.255.255.000)
デフォルトゲートウェイ 192.168.11.1 (192.168.011.001)
優先(プライマリ)DNS 192.168.11.1 (192.168.011.001)
代替(セカンダリ)DNS 8.8.8.8 (008.008.008.008)
細く、カッコ内の数値はDVR等の中国製端末にIPアドレスを固定する値です。
IPアドレスを固定出来たら必ず端末を再起動。

ポート開放設定を追加する

ルータのメインページの詳細設定を開いてください。
bf201619002-001-005
左メニューのセキュリティからポート変換メニューを開きます。図の場所に必要な情報を入力してポート開放設定を追加する事が出来ます。
bf201619002-001-006
ポート変換にある以下の項目に必要な情報を追加します。注意事項としましては同じポート番号や重複ポート番号の設定は出来ないのでご注意ください。
bf201619002-001-007
設定サンプルとして幾つか例を掲載するのでそれを参考に任意のポート番号とプロトコルに変更して設定をしてみてください。
まずは基本的によく使うネットワークカメラやNASやWEBサーバーポートのTCP/80番を使って説明します。サーバツールに関してはインストール不要なANHTTPDがお勧めです。(ポートチェック時に必要)

  1. グループ、新規追加:dvr
  2. Internet側IPアドレス:変更しません
  3. プロトコルTCP/UDP:任意のTCPポートを選びます
  4. 任意のTCP/UDPポート:80
  5. LAN側IPアドレス:192.168.11.30
  6. 新規追加

以上で設定完了です。TCPポートを任意のポート番号変更してソフトやサーバー別でポート開放する事が出来ます。
bf2016-006
その他ご質問の多いプレイステーション関係です。UDPの3074のポート開放をしたいと言うご質問が多数ありますので以下を参考に設定を追加してみてください。

  1. 新規追加 ps4
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に3074
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.30
  6. 新規追加

以上で作業完了です。
bf2016-007
 
パソコン版マインクラフトサーバーの設定は次の通りです。

  1. 新規追加、mctpeserver
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に25565
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.30
  6. 新規追加

2016-bf-05-0011
UDPポート開放設定例です。ご質問の多いマインクラフトPEにて説明します。
MinecraftPEはUDP/19132番を追加します。

  1. 新規追加、mctpeserver
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に19132
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.80
  6. 新規追加

bf2016-008
以上で作業完了です、こちらのUDPポート開放チェックで手動ポート19132と入力して回線チェックで手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来ます。
もしもポートチェックする場合は二重ルーターになっていないかを確認して下さい。
ステータスからシステムを開きます。
bf201619002-001-0012
図のステータス画面のWANの一覧にあるIPアドレスを調べて下さい。IPアドレスの開始値が192なら二重ルーター環境です。本製品をBRIDGEモードに切替えてモデムにルーター機能があるのでそちらの方へポート開放して下さい。
bf2016-0011
説明は以上です。

その他設定例

説明書とスマホ用設定アプリ

 

コメント

  1. taka より:

    すみません。上記のIPアドレス固定はPCの方で行う(IPv4)ですか?
    よくIPアドレスを変更しようとすると数値を入力してもネット―ワークに繋がらず結局IPアドレスを自動習得になってしまうのですが何故でしょうか・・・
    あとiphone6自体がデータ処理の負荷に耐えることができなくなっている可能性としてありますか?

    • kagemaru より:

      いえ、iPhoneの方にIPアドレスを固定してほしかったのですが、変更を加えようとすると繋がらないのですね。iPhoneの負荷は考えにくいですがネットワークに繋がらないのはもしかしたらWSR-2533DHPの上流側のルーターがIPを割り当てしているのかもしれないです。WSR-2533DHPと繋いでいるモデム名とかわかりますか?
      モデムとは
      https://www.akakagemaru.info/port/faq-modem.html

  2. taka より:

    すいません。iphoneでのIPアドレス固定は大丈夫です。
    静的の方で手動で上記の数値を入力して現在ネットワークでWiFiでちゃんと繋がっています。
    モデムはNTTさんに「企業などで100台繋いでも大丈夫」というらしいくらい強いのを付けてもらいました。
    装置の裏を見ると装置名「ONU(M)」と記載されています。白くて四角い装置です。
    無線LAN設定の項目に「802.11n プロテクション」というものがありますがこちらはオフ・オンどちらが良いでしょうか?

    • kagemaru より:

      モデム名ありがとうございます。WSR-2533DHPがPPPoE接続中心なのですね、プロテクションをオンにすると802.11nモードの速度低下を回避できるサービスなので安定接続には繋がらない可能性があります。
      WSR-2533DHPのファームウェアありますよね、もし最新の物がリリースされていたら更新してみてもらえますか?
      http://buffalo.jp/download/driver/lan/wsr-2533dhp.html
      ファームウェア問題なければ、iphoneの静的IPアドレスを一旦自動取得に戻して頂いてバッファロー側からIPアドレスを固定払い出し予約してみてください。
      https://www.akakagemaru.info/port/merukodhcp.html
      iPhoneマックアドレス確認方法はipodと同じ手順で調べられると思います。
      https://www.akakagemaru.info/port/mac-ipad.html

  3. taka より:

    ファームウェアは最新でした。802.11nモードはオフにしておきます。
    ルーターの方でIPアドレス 192.168.11.35を新規に追加・手動割り当てで固定をしてiphone側でも確認しましたが、DHCP項目も新規に追加した末尾35のIPアドレスになっていました。
    払いだしをした場合はiphoneはDHCPのほうがいいのでしょうか?それとも現在の静的のままの方がよろしいですか?

    • kagemaru より:

      ファームウェア確認ありがとうございます。iphoneは静的を解除して頂いてバッファロー側からDHCP割当してもらってもいいでしょうか?その方が安定する場合がありますので。

  4. taka より:

    静的を解除してDHPCを割り当てしました。現在安定しております。
    長い質問になってしまい申し訳ありません。
    とても丁寧かつ分かりやすい説明で助かりました!

    • kagemaru より:

      DHCPからIPアドレスを予約する事でWi-Fiが安定するようになったのですね。ほんとうによかったです、こちらこそお時間頂いてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました