WHR2-A54G54 ポート開放

WHR2-A54G54ルータのポート開放説明です。WEBサーバの公開やxinkkaiを通信させたい場合に必要なポート開放作業の説明です。

設定前の注意点。既にルータタイプのモデムが存在する環境にこの無線LANを追加している場合は二重ルータ環境になります。もしも二重ルータ環境と判明した方は以下の説明を参照頂いてもポート開放する事が出来ないのでご注意願います。確認方法としましては回線終端装置(モデム)にルータ機能が無いか念の為確認下さい。WAN側IPアドレスの確認方法を参照

ハードウェア別設定例

任天堂WiiもしくはDSやPSPに最適なDMZ設定

プレイステーション3の説明

Wi-Fiつなぎかた

準備

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。例(VISTA IPアドレスを固定する方法を参照)

IPアドレス:192.168.11.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

上記作業完了しましたら、必ずパソコンを再起動下さい。

スポンサーリンク

一般的なポート開放説明

IPアドレスの固定が完了出来ましたらWHR2-A54G54の設定画面を表示します。プレイステーション3から設定され得る場合は(プレイステーション3 ルータの画面を開く方法を参照)

エアーステーションツールもしくは、http://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。

ログインする際に入力が必要なのはユーザー名のみです。

ユーザー名 root

パスワードは空欄(ご本人が何か設定した場合は設定されたパスワードを入れてください。)

上記の方を入力でログインする事が出来ます。

もしも上記ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

バッファローの設定画面が開きましたら、セットワーク設定を選択してください。

次にアドレス変換を選んで次を参照し設定下さい。

スポンサーリンク

アドレス変換を選ぶと次の設定画面が表示されます。アドレス変換を使用するにチェックが入っているかを念の為確認頂いて、アドレス変換ルールを入力ボタンをクリックして開放したいポート番号情報を入力して設定します。

アドレス変換項目に設定する例の説明

まず練習用に一般的なWEBサーバ用ポートを開いてみましょう。プロトコルは任意のTCPでポート番号は80番(試行頂く場合はWEBサーバツールが必要です。インストール不要なANHTTPDがお勧めです)

入力項目説明(図を参照)

新規追加に任意の名称を入力します 例 web (文字は英数しか入力できません)

WAN側IPアドレス:デフォルトのまま設定変更してはいけません。

プロトコル TCP/UDPにチェックを入れます。

任意のTCPポートを選びます

任意のTCP/UDPポート80

LAN側IPアドレスは開放したいパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを入力します。

冒頭固定頂いた192.168.11.10を指定

後は入力する必要はありません。

設定できましたら新規追加ボタンをクリックして作業完了です。

以下の練習設定は後から削除してください。

上記入力設定が完了したら登録保存を選択してルータに設定内容を反映させます。

上記の設定が完了したらANHTTPDを起動した状態で80番ポートの開放チェックを行って正しく出来たかをご確認ください。もしもトラブルある場合はパソコンのセキュリティ等の設定を見直してください。

その他ご質問の多いポート開放設定例

xlinkkaiの設定例

FTPの設定例(BJDをがお勧めです)

ビットトレントの場合設定例

主要な設定サンプルを図で説明させて頂きましたが、他に何か不明な点あればルータ設定BBSまでご連絡頂けましたらお調べ致します。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする