WHR-1166DHP ポート開放

バッファロー2014年2月発売の比較低価格で導入できるギガビット環境対応IEEE802.11acと5GHz/2.4GHz帯マルチバンドサポートの無線ブロードバンドルータWHR-1166DHPのポート開放と無線LAN設定の説明です。この機種とよく似たモデルWZR-1166DHPがあるのですが大きく利用できるサービスが異なりますのでどちらが良いのかは自宅内のLAN環境に応じて判断するといいと思います。

製品の違い、○は対応、-は非対応です

WHR-1166DHP

このページで説明する製品

WZR-1166DHP

価格が若干高めの製品

ギガビットインターネット
IEEE802.11ac(866Mbps最大)
IEEE802.11b/g/n/a
5GHz/2.4GHzマルチバンド
AOSS/WPS簡単プッシュスタート
ギガビットインターネット/ギガビットLAN
ビームフォーミング
USBファイルサーバ/プリンターサーバー
PPTPサーバ(VPN)
DDNS
スマート・フォン対応設定画面

初期設定にはスマート・フォンでも出来ると思いますがフレームメニューが正しく出ない場合があるのでパソコンがあったほうが望ましいです。

スマート・フォン対応設定メニューを実装し無線設定なども手軽に追加変更

その他の情報はアマゾンのWHR-1166DHP ユーザーレビューが参考になると思います。

また本製品は有線無線LANのスペックは高いものがあるのですが、細かいインターネットの便利なサービスが取り除かれています。ただNASやプリンターサーバー機能はUSBではなく無線/有線タイプのものを追加することで利用できますので必要に併せてLAN対応インターフェース製品を増設する事でNAS/プリンターを共有する事も可能です。

スポンサーリンク

ポート開放設定画面を開きます

まずバッファロールータの設定画面を表示します。エアーステーションツールもしくは、http://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。パソコン以外の端末からも設定変更を加えることが出来ます。機種別を参考にログインして作業ください。

ログインする際に入力が必要なのはユーザー名のみです。

ユーザー名 admin

パスワード password

上記の方を入力でログインする事が出来ます。

もしhttp://192.168.11.1/へアクセスしても「エラーページを表示できません」と表示される場合は本体の後ろの切り替えスイッチをON側に切り替えてみてください。2分してからパソコンを再起動して下さい。そうすればアクセスできるようになると思います。

それでもログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい。

ポート開放する方はこのまま続けて以下を参照下さい。無線LAN説定を参照する方はこちらからご覧ください。

準備としましてIPアドレスを固定します

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。基本的にIPカメラ関係も下記のパスで構いません。UPnPで自動的にポート開放できるはずなのですが、もしも外部アクセス出来ない場合は手動で80番の設定を追加下さい。

IPアドレス:192.168.11.150

スポンサーリンク

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

DNS:192.168.11.1

代替DNSは空欄で構いません。

固定できたら必ずパソコン/端末を再起動ください。

ポート変換画面を表示します。

設定画面の一番上のメニューにある”ゲーム&アプリ”メニューを開くとポート変換設定画面が開きます。(二段目のメニューポート変換がデフォルトで選択されています。)

ここに必要な情報を入力してポート開放設定を作ります。備考、PS3/4/WiiUの方はDMZ設定を行って下さい。

  1. グループ、新規追加:任意の名称を入力します。
  2. エアーステーションのInternet側IPアドレス:通常そのままで、変更しないで下さい。
  3. プロトコルTCP/UDP:任意のTCPポートか任意のUDPポートを指定
  4. 任意のTCP/UDPポート:ポート番号を入力
  5. LAN側IPアドレス:ポート開放する端末のIPアドレスを指定します。例192.168.11.150
  6. 新規追加を最後に選びます。

ポート開放手順

サンプル設定としてWEBサーバのポート開放をサンプルとして説明します。サーバツールに関してはインストール不要なANHTTPDがお勧めです。(ポートチェック時に必要)

  1. グループ、新規追加:httpserver
  2. Internet側IPアドレス:変更しません
  3. プロトコルTCP/UDP:任意のTCPポートを選びます
  4. 任意のTCP/UDPポート:80
  5. LAN側IPアドレス:192.168.11.150
  6. 新規追加

以上で設定完了です。TCPポートを任意のポートに入れ替えることでご希望のアプリケーションのポート開放を行うことが可能です。

その他の設定説明

minecraftサーバの説明です。

  1. 新規追加、mct
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のTCPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に25565
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.150
  6. 新規追加

以上で作業完了です。

UDPポート開放設定例です。ご質問の多いマインクラフトPEと緋想天向け説明します。

マインクラフトPEは19132番を追加します。

  1. 新規追加、mpe
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に19132
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.150
  6. 新規追加

東方緋想天の場合は10800番を追加します。

  1. 新規追加、hisouten
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に10800
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.150
  6. 新規追加

以上で作業完了です、こちらのUDPポート開放チェックで手動ポート19132又は10800と入力して回線チェックで手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来ます。

DMZ設定をする

ポート変換と混在できませんが、とても簡単に複数のポート開放を必要とするゲーム機に最適な設定です。仮想グローバルIPアドレス通信となりIPマスカレードのファイヤーウォール影響をなくしスムーズな通信を行うことが可能となります。

手順は、ポート変換のボタンの隣にあるDMZメニューボタンを開きます。

  • DMZのアドレス192.168.11.150
  • 設定ボタンを選んでください。

これで設定完了となります。家庭用のポートチェックは出来ません。オンラインゲームでフレンドをルームに招待出来るようになれば正しくポート開放が完了出来ていると判断してください。尚この設定を無効にする場合はDMZのアドレスを空欄に変更して設定ボタンを選んで無効化とする事が出来ます。

その他設定例

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. むーみん より:

    ポート開放の設定をしてから、ps4の通信速度が遅く、(ダウンロード)36.5mbps(アップロード)5mbpsでした。ポート開放の設定を全部削除したほうが良いと思うのですが、やり方を教えて頂けませんか?Dmzも設定していました。

  2. 顔文字 より:

    ポート開放設定画面を開きますの場所の
    「ルーターON/OFF」ボタンとありますが、
    AUTO
    ROUTER
    BRIDGE
    のどれがオンなんでしょうか?

    • kagemaru より:

      すみません、ON/OFFでは無かったのですね。ルーターモードの場合はROUTERです。ブリッジモード又はアクセスポイントモードにするときはBRIDGEです。ONと言うのはルーターモードを有効にするのでROUTER位置に切り替えて下さい。