通信診断ドクターWi-Fi対応無線ルータWSR-300HPのポート開放設定

2.4GHz帯のみに対応した初心者向けに優しいスマートフォンとタブレット用通信診断アプリドクターWi-Fiに対応したバッファローの無線ブロードバンドルータWSR-300HPのポート開放手順の説明です。特徴は2.4GHz帯のみ対応の無線LANを内蔵し無線LAN最大速度は802.11nの300Mbpsです。有線WAN/LAN側の最大速度は1000BASE-Tに対応するので1000Mbps全二重に対応します。基本的に全ての無線有線対応端末を繋ぐことが出来るのですが一人住まい向けと言うことなのでスループットは低いです。なので4人家族で4人共インターネット同時利用するご環境には余り向いていない。

WSR-300HP本体

その他の機能に付きましては搭載されません。USBポートも無いですしVPNサーバー機能もありませんしDDNS機能もありませんし無線中継機能もありません。ブロードバンドルーター機能のみとなります。導入できる回線はフレッツ光はもちろん隼にネクストそれにeo光やCATV回線それにADSL回線に導入する事が出来ます。余計な機能が無いので安くて故障しにくいと思います。その他の使い勝手に付きましてはAmazonのWSR-300HPユーザーレビューが参考になると思います。

スポンサーリンク

ドクターWi-Fi

スマートフォンとタブレットのWi-Fi通信診断アプリは無料で使えます。

このアプリを使えばインターネットにつながらない場合何処に問題があるのかを自分で調べる事が出来ます。

ドクターWi-Fiアプリの画面

パソコンなどで設定画面を開く

バッファロールータの設定画面を開く手順の説明です。このURLhttp://192.168.11.1/をブラウザに入力する事でログインする事が出来ます。次の様にログイン画面が表示されたらユーザー名に”admin”パスワードに”password”と入力すればログインして設定画面を表示させる事が出来ます。

新型のバッファロールータログイン画面

パソコン以外の端末からも設定変更を加えることが出来ます。機種別を参考にログインして作業ください。

もし万が一192.168.11.1のURLを開くと「エラーページを表示できません」とエラーページが出てくる場合ブリッジモードで動作している可能性があります。この場合本機へのポート開放では無く上流にあるブロードバンドルータへポート開放しなければなりません。その他のご用事で設定画面を開く必要がある場合は「エアステーション設定ツール」をパソコンにインストールしてツールから設定画面にアクセスしてください。ポート開放する方は以下の内容を続けてご確認下さい。

もしくは本体背面にある動作モード切り替えスイッチを「ROUTER」/「AP」/「AUTO」とあるのですが「ROUTER」位置に切り替えて5分してからパソコンや端末を再起動すればhttp://192.168.11.1/の設定画面へアクセス出来ると思います。

準備

まずパソコン側のIPアドレスを固定してしまいます。

IPアドレス:192.168.11.30

スポンサーリンク

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.11.1

優先DNS:192.168.11.1

代替DNSは空欄で構いません。

固定できたら必ずパソコンを再起動ください。

ポート開放設定を追加する

ルータのメインページの詳細設定を開いてください。

バッファローの詳細設定メニュー

左メニューのセキュリティからポート変換メニューを開きます。図の場所に必要な情報を入力してポート開放設定を追加する事が出来ます。

バッファローのポート変換メニュー

設定例としてネットワークカメラやWEBサーバー等でよく使われるTCP/80番を使って説明します。サーバツールに関してはインストール不要のANHTTPDがお勧めです。(ポートチェック時に必要)

  1. グループ、新規追加:websv
  2. Internet側IPアドレス:変更しません
  3. プロトコルTCP/UDP:任意のTCPポートを選びます
  4. 任意のTCP/UDPポート:80
  5. LAN側IPアドレス:192.168.11.30
  6. 新規追加

以上で設定完了です。TCPポートを任意のポートに入れ替えることでご希望のアプリケーションのポート開放を行うことが可能です。

WSR-300HPの80/TCP設定例

その他ご質問の多いminecraftサーバの説明です。

  1. 新規追加、mct
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のTCPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に25565
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.30
  6. 新規追加

以上で作業完了です。

WSR-300HPのマインクラフト設定例

UDPポート開放設定例です。ご質問の多いマインクラフトPEにて説明します。

MinecraftPEはUDP/19132番を追加します。

  1. 新規追加、mctpe
  2. Internet側はエアーステーションのInternetIPアドレスのまま
  3. プロトコルは任意のUDPポートを選びます。
  4. 任意のTCP/UDPポート右側空欄に19132
  5. LAN側IPアドレスは192.168.11.30
  6. 新規追加

WSR-300HPのUDPポート設定例

以上で作業完了です、こちらのUDPポート開放チェックで手動ポート19132と入力して回線チェックで手動ポート利用可とあればオンラインで楽しむことが出来ます。

補足、もしもポート開放できない場合「詳細設定」から「ステータス」を開いてみてください。こちらのグローバルIPアドレスとステータス情報にあるWAN側IPアドレス(Internet表内にあるIPアドレス)が異なる場合は二重ルータまたはプライベートIPアドレス契約環境の問題でポート開放出来ない原因かもしれないのでネットワーク環境ご確認お願いいたします。

WSR-300HPのステータス画面

その他設定例

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする