Windowsの無線LAN接続でエラーが出る (Buffalo / Airport / Warpstar)に接続できませんでした

Windwsパソコンで今まで繋がっていた無線LAN接続をしようとすると突然エラーとなり繋がらなくなるトラブルを治す方法です。

補足、無線LANが突然繋がらなくなった等のお問い合わせが多発しているので初期化及び再接続設定時にトラブルが多発しているので説明を掲載させて頂きました。

Windows7の無線LAN接続画面

この接続トラブルを治せるエラーは次の3つのメッセージが出てくる事例です。

  • “何々に”接続できませんでした
  • 問題のトラブルシューティング
  • インターネット接続の問題の詳細

何々に接続できませんでしたの”何々”と言う文字列はSSID名です。例えばBuffalo-Gから始まるものやAirportから始まるものやWarpstarから始まるものやAirmacから始まるものそれに英数字で始まるものが含まれます。以下エラー画面のサンプル図。

無線LAN何々に接続できませんでした

スポンサーリンク

このエラーが出る原因

何々に接続できませんでしたのエラーが出る原因は次の通りです。

  1. 無線親機の暗号化キーを変更した
  2. 無線親機を初期化した(オリジナル暗号キーがデフォルトキーに切り替わった)
  3. AirMacの初期設定を参考に暗号化キーを設定した
  4. MACアドレスフィルタリングを設定した

4番目のMACアドレスフィルタリングをした場合、無線の不正アクセスを防止方法する方法を参考にWindowsのMACアドレスを登録して頂ければ無線LANは繋がるようになります。

何々に接続できませんでしたのエラーを治す方法

まず繋ぎたい無線LAN親機の暗号化キーを調べて控えて下さい。親機本体の設定シール又はカードに記載あります。Wi-Fiのパスワードを調べる手順を参照下さい。

それから何々に接続できませんでしたのSSID名を控えて下さい。赤い枠の英数字のSSID名です。

何々に接続できませんでしたのSSID名

次にWindowsの無線LAN設定に控えたパスワードを修正登録します。

Windowsのコントロールパネル(Windows8/8.1コントロールパネル開き方)からネットワークと共有センターを開きます。

Windowsのスタートからコントロールパネル

コントロールパネルが開いたら「ネットワークとインターネット」を開きます。

コントロールパネルのネットワークとインターネット

次に「ネットワークと共有センター」を開きます。

Windowsのネットワークと共有センター

ネットワークと共有センターの画面に切り替わったら、左側に「ワイヤレスネットワークの管理」メニューがあるのでクリック又はタップして開きます。

ワイヤレスネットワークの管理メニュー

ワイヤレスネットワークの管理画面を開くと、今まで繋いだことのあるSSID名のワイヤレス設定アイコン一覧が表示されるので、何々に接続できませんでしたの何々と同じSSID名をダブルクリックしてください。

ワイヤレスネットワークの管理画面

ワイヤレスネットワークのプロパティ画面が出てくるので「セキュリティ」タブを開いて頂いて”ネットワークセキュリティキー”の●●●で隠れている今まで設定していた暗号化キーを全部一度バックスペースキーで消して、改めて冒頭説明したご利用の無線親機の控えた暗号キーに書き換えてOKボタンで閉じます。正しい暗号キーを入力頂ければ自動で無線LAN接続は回復します。

接続エラーの出るSSID設定のキーを変更

XPの設定手順

XPは画面右下タスクバーにワイヤレスアイコンがあるのでそれを右クリックして頂いて「利用できるワイヤレスネットワークの表示」をクリックします。

XPの利用できるワイヤレスネットワークの表示

もしくはネットワーク接続を開いてワイヤレスネットワークアイコンを右クリックしていただくと「利用できるワイヤレスネットワークの表示」を選ぶことが出来るようになります。

XPのネットワーク接続のワイヤレスネットワークアイコン

ワイヤレスネットワークの選択画面に切り替わったら、所有する無線親機のSSIDをクリックして選択して「接続」ボタンをクリックしてみてください。もしここが空欄の場合こちらを参考に無線親機のSSID一覧が出るように切り替えてください。

スポンサーリンク

xpwlan002

ネットワークキー入力画面が出るようでしたら、所有する無線LAN親機の暗号キーを2つの空欄に同じものを入力してください。

XPの無線LAN接続時のキー入力画面

キーに間違えがなければ図の様に接続画面に切り替わり

xpwlan003

この様にワイヤレスネットワークアダプタの赤い”X”アイコンが消えて無線LANに繋がっている状態の表示に切り替わります。

xpwlan005

キー入力画面が出ずにエラーとなる場合は「利用できるワイヤレスネットワーク」画面を開いて「詳細設定の変更」を開きます。

詳細設定の変更

ワイヤレスネットワークのプロパティ画面が開くので「ワイヤレスネットワーク」タブメニューを開きます。優先ネットワークの空欄に設定済のSSDI接続先情報項目があるのでクリックしてプロパティボタンをクリックしてください。

ワイヤレスネットワークのプロパティ

開いた画面のネットワークキー二箇所に繋ぐ無線LAN親機に設定している暗号キーを入力してください。入力できたら全てOKボタンで閉じます。これで繋がるようになっているかを確認して下さい。

無線LAN接続設定のプロパティ

XPのワイヤレスネットワーク一覧が出ない場合

このように「このワイヤレス接続を構成出来ません」と空欄表示の場合は次の手順で無線親機のSSIDを表示させる事が出来ます。

このワイヤレス接続を構成出来ません

マイコンピュータを右クリックから「管理」を開きます。

XPのマイコンピュータから管理を起動

コンピュータの管理画面が開いたら左側メニューの「サービスとアプリケーション」をクリックして、右側の「サービス」をダブルクリックしてください。

XPコンピュータの管理サービスを開く

サービス一覧の下の方に「Wireless Zero Configuration」と言うサービス名があるのでダブルクリックしてください。

XPのサービス一覧画面

「Wireless Zero Configuration」のプロパティ画面が出るので、スタートアップの右側「無効」を「自動」に切り替えて右下の適用ボタンをクリックしてください。

Wireless Zero Configuration設定画面

サービスの状態の下の開始ボタンをクリックしてOKボタンで閉じます。

Wireless Zero Configurationを開始

「このワイヤレス接続を構成出来ません」の画面に戻るか利用できるワイヤレスネットワークを開いてください。「ネットワークの一覧を最新の情報に更新」をクリックすると次の様に無線親機のSSID一覧が表示されると思うのでお試しください。

ネットワークの一覧を最新の情報に更新

この状態で無線LAN設定を整える事が出来ます。

XPの無線親機SSIDが正しく表示

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする