CQW-MR1000 ポート開放の説明

プラネックス無線LAN対応ルータCQW-MR1000のポート開放説明です。イーモバイルとの連携機能があるとのことですが、D02HWイーモバイルモデムを取り付けた場合でのポート開放に付きましては、IIJご契約内容(タイプDS/ESならポート開放出来ます)を参考にインターネット契約内容がグローバルIPアドレス割り当てとなっている事を確認してから作業願います。

また異なる環境の注意点としまして(もともとあるルータにCQW-MR1000を繋いでいる場合)、二重ルータとなります。もしも二重ルータ環境の場合以下の説明を参照してもポート開放できませんのでご注意ください。二重ルータの確認方法はルータのWAN側IPアドレスを確認する事で確認する事ができます。該当する場合はブリッジモードにする方法をご覧ください。

ハードウェア別設定

任天堂Wii DS XBOX PSPはDMZ設定を行ってください

プレーステーション3専用設定

プレイステーション3の方はUPnPを無効にしないとポート開放できませんのでご注意ください。

設定前に必ず、ポートを開くパソコンやネットワーク対応機器のIPアドレスを確認し設定下さい。(出来ればIPアドレスは固定化が望ましい)

IPアドレス固定サンプル(VISTAのIPアドレス固定

IPアドレス:192.168.1.10

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.1.1

DNS:192.168.1.1

スポンサーリンク

設定手順の説明

InternetExplorerアドレスにADSLモデムアドレスを入力してクイック設定WEB画面を開いてください。プレイステーション3で設定される方はこちらの方をご覧ください。(ルータの設定画面を開く方法

アドレス「http://192.168.1.1」

ユーザー名とパスワード入力画面が表示されます。

スポンサーリンク

ユーザー名「 admin 」

パスワード「 password 」

ログイン画面ではなくエラーとなる場合はルータにログインできないページを参照下さい

設定画面が表示されましたら、図にある上メニューセキュリティからローカルサーバを開いてください。表示された画面No1から開始される項目に開きたいポート番号とプロトコル、パソコンまたはその他クライアントのIPアドレス情報を入力して設定します。

ローカルサーバの設定手順説明。まず練習としましてTCP側80番ポートを開く設定サンプルです(設定するIPアドレスは冒頭説明した192.168.1.10で設定します)。図の通り練習で設定してみたい方はサーバソフトANHTTPDで試行頂く事ができます。インストール不要ですので公式サイト様からダウンロードして起動しておきます。

プロトコル:TCP

WANポート範囲:80-80

サーバIP:192 168 1 10(ドットは入れません)

サーバポート範囲:80-80 (WANポート範囲と同じ値を指定します)

有効にチェックを入れ適用をクリックで設定完了です。

TCPと80番の所を任意の開放したいポート番号とプロトコルに入れ替えて設定頂くと簡単に設定頂けると思います

別のサンプル。例えばxlinkkaiのポートを開きたい場合(プロトコルUDP ポート番号30000デフォルト設定の場合)

広範囲にポート開放する場合。例えばUDPポート5730から5739番まで全てNo1の設定項目に作成する場合。

WANポート範囲とサーバポート範囲それぞれ同じ値を指定する事で設定頂く事ができます。

上記で設定完了となりますが、パソコン関係の方はファイヤーウォールの設定解除も併せて必要になります。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする