PS4 PPPoE接続設定の説明 NATタイプ1接続が出来ます

インターネット接続

プレイステーション4をPPPoE(ポイントツーポイントオーバーイーサーネット)と言う方式でインターネットへ繋ぐ手順の説明です。主にNTTフレッツADSLやフレッツ光、eo光にコミュファ光それと旧アッカ・ネットワークスの回線であればPPPoE方式で繋ぐことが出来ます。家庭内ネットワーク環境ですがLANケーブル接続が望ましいのですが無線LANでも可能です。NTT等のフレッツ契約時直接ルータを設置されているかたは設定を作ってもらえればすぐに繋がります。こちらからご覧ください。

備考、その他の接続方式を参照したい場合は以下のページをご覧ください。

準備、プロバイダ発行の接続IDとパスワードの書類を用意してください。

スポンサーリンク

次に、PPPoEブリッジ機能を持たないルータを使ってPS4をPPPoE接続させる場合はアクセスポイントモード又はブリッジモードに切り替えてください。もしくは図を参考にルータとモデムを繋いでいるLANケーブル「WAN又はinternet」と書いてある場所のLANケーブルをPS4と繋いでください。

PS4の接続設定説明です

LANケーブルのネットワーク環境の準備が整ったら次の様に接続設定を完了します。メインメニューの上のページに詳細設定メニュー一覧があるのでそちらに移動します。コントローラ上方向キー又はキーボード操作なら上矢印キーで移動します。

“設定”メニューを選んで開きます。(丸ボタン決定、キーボードならEnterキー)

“ネットワーク”メニューを開きます。

“インターネット接続設定をする”を開きます。注意、上のインターネットに接続するは必ずチェック入りの状態にしてください。チェックを外すとオフラインになってしまいます。

“LANケーブルを使う”を開きます。備考、無線LANで繋ぐ方はこちらから参照下さい。

どちらの方法でインターネット接続を設定しますか?の項目で”カスタム”を選んでください。

ここで”PPPoE”メニューがあるのでそちらを開きます。

PPPoEユーザーIDとPPPoEパスワードを入力するのですが、プロバイダ発行の書面の接続IDとパスワードを入力してください。フレッツの場合は@付きのドメインが付加します。例、myid@ocn.ne.jp等(eo光は@含むドメイン名はありません接続情報書類サンプル図)。パスワードは***ではなくそのまま出てきてしまいますので第三者に見られないようにしてください。

インターネットの設定を更新しましたと言う表示に切り替わります。その下”インターネット接続診断をする”を選んで念の為NATタイプ2で接続成功するかどうかをご確認ください。

DNSは自動で構いません。プロバイダ側から指定がある時のみ手動を指定してDNSサーバアドレスを設定下さい。

MTUも基本的に自動を選択して下さい。

プロキシサーバは基本的には使いません。マンションなど特殊な法人向けインターネットで指定がある場合は使うを選択しプロキシサーバを設定する事は極稀にあります。

スポンサーリンク

最後にインターネット接続診断を行って下さい。インターネット接続成功と表示されれば完了です。あと基本的にPPPoE接続の場合はNATタイプ1となるはずです。ぷららの場合はぷららポート開放してもらえればNATタイプ1に切り替わると思います。

Wi-Fiで繋いでいる場合

無線LANで繋いでいる方はバッファローやロジテックもしくはプラネックスやコレガ製品に繋いでいる場合はブリッジモードまたはアクセスポイントモードに切り替えて頂く必要があります。ただネットワークに詳しくないと家庭内のインターネット接続が全て繋がらなく恐れがあるので作業は慎重にお願い致します。NTT提供の無線LANカード(NTT東日本)なら比較的簡単に接続させる事が出来ると思うのでご参考までに。またeo光等の場合はAterm(ホテル向けSIMそれにWiMAX向け除く)がブリッジ接続に対応しているのでルータモードのままでも接続させる事が出来ます。

準備としましては無線LAN設定を初めから設定し直す形になるので無線接続に必要なSSIDと暗号化キー(パスワード)をご用意頂くか、WPS/AOSS/らくらく無線スタートを行えるように無線ルータの近くで待機しておいて下さい。

どのようにネットワークに接続しますか?の項目で”Wi-Fiを使う”を選びます。

もし次の様なメッセージ(Wi-Fiで接続する設定がすでにあります、すでにある設定を使いますか?)が表示される場合は”いいえ”を選んでください。この画面が出ない方はそのまま次の説明をご覧ください。

この項目は有線接続時同様に”カスタム”を選んでください。

次に無線接続設定の画面に切り替わります。ページ下の方にプッシュスタート方式を選べるメニューがあります。手動で設定する場合は接続先SSIDを選んで繋いでください。手動で設定する方は次の画面で暗号化キーを入力する画面に切り替わりますので入力して無線ルータとの接続設定を完了させてください。プッシュスタートの方は完了すると次の画面に切り替わります。

有線設定と同じ自動/手動/PPPoE(←を選んでください。)メニューが表示されます。あとはこちらを参考に接続情報を正しく入力すれば完了になります。

つながらなない場合

接続診断でエラーとなる場合は今一度接続設定を作りなおして下さい。接続IDを入力時にドット(.)の入力キー間違え無いかご確認下さい。PS4キー入力の?の左横がドットキーです。

エラーCE-33984-7のエラーが出てIPアドレス取得失敗となり場合、NTTブロードバンドルータの接続中/常時接続を一度切断してみてください。http://192.168.1.1/のルータ設定画面にアクセスして(ユーザー名user、パスワードは任意に決定したパスワード)ログインすると以下の様な接続中の画面が出ます。

又はこのような画面です。図は接続となってますがルータが繋がっている場合は切断ボタンに切り替わっていると思います。切断を選んでルータとのセッションを終了させてからPS4をPPPoEで繋いでみてください。問題なくつながってまた元に戻す場合はNTTの上又は下の図の画面を出して今度は接続ボタンを押して下さい。そうしないと各種端末がインターネットへ繋がらなくなるおそれがありますので。

注意事項、通常セッション契約だとPS4をPPPoE接続している時にパソコンやスマート・フォンそれにタブレットがインターネットに繋がらなくなる現象があります。それはルータ側がグローバルIPアドレスを持たない状態になっているのでWAN側アドレスとアドレス変換を行うことが出来ずに各種端末がインターネットに繋がらなくなります。なのでそうした問題を回避させたい場合は2セッションを申し込んで下さい。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちょろびん より:

    はじめまして(^^)先に長文失礼致します。
    早速ですが、まず私の環境です。

    回線:NTT西日本 フレッツ光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼
    モデム兼ルーター:PR-400KI
    プロパイダ:BIGLOBE
    戸建てで一階にあるPR-400KIに有線を2つ差し込んで、そのまま直接引っ張って窓から外に通じて2階にある自部屋と弟がいる隣室に有線を繋いでおります。

    PS4やXbox OneでEAサーバーを使うゲームであるバトルフィールド4やFIFA15をプレイ中、何分かおきで頻繁にEAサーバーから切断を受ける問題に悩まされていました。

    どーしたものかと色々と調べる内にこちらの文献に当たり、PS4にてPPPoE設定をした所、通信速度は特に向上はしていませんが今までNAT2だったのがNAT1に変わっており、まだ1日だけのプレイですが2~3時間オンライン対戦をしていてもEAサーバーから切断はされませんでした。

    ただ1つ気になるのがPS4の電源を落としてまた起動する際に毎回インターネット接続が出来ていない所です。

    PS4の設定から接続診断をしたらCE-33984-7の表示が出るので、再度設定し直したら接続は出来ます。(2~3回しないと接続出来ないので時間を置かないとダメ?)

    長々と申し訳ございません。では下記に質問を…
    ①PS4を起動した際、自動的にPPPoEで接続は出来ないものなのでしょうか?
    ②Xbox OneでもPPPoE設定は出来るものなのでしょうか?
    ③通信速度はPS4で診断をした所、下り25~45M、上り5~7Mなのですがもっと向上の余地はあるのでしょうか?

  2. ちょろびん より:

    早速の回答をありがとうございます!
    なかなかの無知ですみません。

    つまり1セッションにつき1台しかPPPoEは使えなく、PCと併用していたらいずれどちらかが使えなくなる可能性があると解釈して間違いないのでしょうか?

    後、PS4を起動する度にインターネット接続が切れてしまい再度手動設定しなくてはならない問題を根本的に解決するには2セッションの契約が必要とゆう事でしょうか?

    • kagemaru より:

      はい、通常一つの回線に付き1端末しかインターネットに繋げられません。

      >後、PS4を起動する度にインターネット接続が切れてしまい再度手動設定しなくてはならない問題を根本的に解決するには2セッションの契約が必要とゆう事でしょうか?

      モデムがインターネットを取っているので繋がらない原因も考えられるので一度PR-400KIの接続を切ってからPS4を起動してそのまま繋がらないかお試し下さい。

  3. ちょろびん より:

    >モデムがインターネットを取っているので繋がらない原因も考えられるので一度PR-400KIの接続を切ってからPS4を起動してそのまま繋がらないかお試し下さい。

    上記を試した所、無事繋がりました。ありがとうございます。

    後はこのままの状態で置いとくべきなのでしょうか?
    それとも早めに2セッションでプロパイダ契約してそのPPPoEでPS4を繋いでおくべきなのでしょうか?

    • kagemaru より:

      はい、2セッションを申しこめば「CE-33984-7」のエラーはなくなると思われます。

      ただプロバイダ側で多重ログインを禁止している場合は「CE-33984-7」エラーが出る可能性があるので、別途プロバイダ契約だけ追加頂かないといけない場合もあります。

  4. ちょろびん より:

    プロパイダ契約自体は直ぐにでも出来そうですし、とりあえず様子見でしてみます。
    ご丁寧な対応ありがとうございました!!

    • kagemaru より:

      はい、そうですね。インターネットの仕組みさえわかれば接続エラー出ないようにする事も出来ますし。将来色々インターネット繋がないといけない場面に遭遇すると思われるので最初は面倒ですが練習も兼ねて今のままで繋いで頂くのも良いと思います。

      • bambi より:

        以前2台のPS4接続でお世話になりました。
        解決したとお伝えしましたが、していませんでしたのでご参考までにご連絡させていただきました。
        現在フレッツで2セッション可能なためプロバイダ契約を増やし2台目のPS4をPPPoE接続できる環境なのですが、一度つながってもスタンバイモードから復帰するとネット切断されており、設定しなおしてもルーター再起動してもCE-33984-7エラーが出て一切つながらなくなります。
        設定、機器に問題ないことは半年近く格闘してきて検証済みです。
        エラー後PS4本体を再起動や電源切入してから設定すればNAT1で問題なくつながります。一度つながった後は電源入切なら再度そのままネットに接続されていますが、再起動、スタンバイモードからの復帰では接続が切れておりそのまま設定しなおしてももう受け付けません。
        PPPoE接続設定を維持するには電源切入以外無いようです。かんたん設定なら毎回つながります。
        設定自体や機器に間違いがあるのなら一度もつながらないだろうと思いますし、PS4自体かPSNのバグとしか考えられません。もう1台のPS4でも同じですので本体の故障ではないと思います。
        毎回電源を落とすのはスタンバイ中のシステムアップデートやダウンロードができないため、やむなく現在はもう1台のPS4とその他wifiと共有回線でNAT2で使用しています。今後本格協力プレイなどに支障が出ると思います。
        以上の内容をソニーのサポートには伝えましたが、ネットで検索したところ同様の現象で悩んでいる方を数名見かけましたので同じような質問がkagemaruさんにも来るかもしれませんのでお伝えしておこうと思いました。
        本来ならばポート解放の回答をされているのにゲームのことでご迷惑をおかけするのは申し訳ないです。なにかの参考になれば、と思いまして。
        長文失礼いたしました。

        • kagemaru より:

          すいません、環境がわからないので何とも言えません。PS4を何と何に繋いでますか?

          もしくは以前投稿頂いたコメントのURLをちょうだいできれば確認いたします。

          • bambi より:

            NTT PR-S300SE–Aterm PA-WG1200HP
                        –PS4-1 (NAT2)
                        –PS4-2 (専用プロバイダ契約有・BIGLOBE)
            有線接続、カテゴリー7です。

            PS4-2のNAT1接続がスタンバイモードにする度に切断、エラーになります。一度NAT2にかんたん接続してから設定しなおせばNAT1になりますが、毎回IDパスを入力しなければならないため苦戦しています。
            二重ルーター確認済み。2セッション使用可のはずです。
            設定しなおせばNAT1でつながりプレイできます。

            ソニーサポートからは検証したいので環境の詳細を教えろとメールが来ました。
            海外でもあるらしく、電源OFFで対応している方がいるようです。
            数回の検証でNAT1のままでスタンバイにするとエラーが出ることがわかりました。一度かんたんでNAT2にしておけば復帰時にネット切断されておらずエラーが出ずにNAT1に設定しなおすことができます。

            余計なことを言ってまたお手数かけているようで申し訳ないです。

          • kagemaru より:

            インターネット環境の詳細ありがとうございます。海外でも同様の事例があるのですね。

            拝見した所、特に問題ないLAN環境ですし二重ルータも問題は無さそうなので

            私が思うに、スタンバイモードに移行するのでPR-S300SE側ではセッションが正しく終了していないと判断してしまって、理論的には以下の様なイメージです

            PS4-2型がPPPoE接続を開始、PR-S300SEはブリッジを開く

            PS4-2型がPPPoE接続を切断しないまま、スタンバイモードへ以降。本来はここでセッションを終了とPR-S300SEは判断しなければならないのだか、何らかの理由でPR-S300SEはブリッジを開いたままの状態

            なのでPR-S300SEはブリッジを開いたままの状態なので2セッションが埋まっているので、PS4-2型をスタンバイから復帰してPPPoE接続しようとしてもエラーとなる事が考えられます。

            対策としてはARPテーブルをクリアすると良いと思うのですがPR-S300SEの電源を10分位切っておく必要がありますので

            手順としてはPS4-2型がPPPoE接続、使うのを辞める場合はPS4-2型がPPPoE接続を切断。それからスタンバイモードに意向で大丈夫だと思います。

  5. bambi より:

    お返事ありがとうございます。そのあたりの理由ではなかろうかとは思っておりましたが、やはりなのですね。現在はPPPoEのままでスタンバイでエラーになると確信しましたので回線を切り替えて対処しております。PRS300SEがエラーを認識しなければ次回スムーズに設定できます。ただ毎回入力は面倒臭いですが。
    電源を切るのはやってみたのですが10分より短かったので明日にでもやってみます。

    • bambi より:

      どうもご迷惑だったようですね。解決はしませんでしたがこれ以上は自力で調べます。
      よろしければ質問を削除しておいてください。
      お世話になりました。

  6. かさ より:

    この間PS4を購入し有線に繋いでさっそく友達とやろうと思い、タブレットでスカイプをしようとすると、スカイプが繋がりません。インターネット接続もすごく遅くなっているようです。
    この現象はPS4を有線で起動したときのみでPS3の時は全くこのような現象は起こりませんでした。
    モデムがpr500Kというやつなんですが。。。
    原因はわかりますかね(´・ω・`)

    • kagemaru より:

      PS4をNATタイプ1で繋いでいるのでしょうか?もしNATタイプ1で繋いでいるなら、接続設定を「かんたん設定」に変更してください。

      NATタイプ1では無くて、はじめからかんたん設定でインターネットが遅くなる場合は、PS4のアップデートでバックグラウンドでデータのダウンロードが大量に発生しているのでは無いでしょうか。

  7. もーりー より:

    初歩的な質問ですいません。
    一番最初のLANケーブルを繋ぐ場面なのですが、モデムとPS4を直接つなげるということでしょうか?