MZK-WDPR ポート開放

プラネックス製液晶タッチパネルを採用したブロードバンドルータ(イーモバイル回線対応)本体でマルチメディアを楽しむことが出来るMZK-WDPRのポート開放説明です。

備考:YOUTUBEをルータ本体で楽しむ際のマニュアルはこちら

注意:MZK-WDPRにLANケーブルで複数のパソコンやPS3を繋ぐ場合は必ずHUB
でLAN接続ポートを増やし各種クライアントを繋いで下さい。

設定前の注意点としましてはNTTのフレッツやYAHOOBBインターネット回線ご利用でMZK-WDPRを追加した場合二重ルータ環境になっている可能性があります。もしポート開放設定を行なっても正しくポートが開かない等の場合は二重ルータを疑ってみて下さい。よくわからない場合は有料の出張サポートへご相談お願いします。二重ルータを確認する場合はWAN側IPアドレスを確認すると良いと思います。

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するクライアント(パソコンなど)のIPアドレスを固定します。

IPアドレス:192.168.111.50

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ:192.168.111.1

優先DNS:8.8.8.8

代替DNS:8.8.4.4

スポンサーリンク

固定できたら必ずパソコンを再起動してください。

スポンサーリンク

設定画面を表示する

MZK-WDPRの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://192.168.2.1/と入力してEnterキーを押して下さい。

以下のログイン画面から次の情報を元にログイン下さい。

ユーザー名:admin

パスワード:password

もしもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。

ポート開放を行う

設定画面が表示されたらサンプル図の詳細設定をクリック仮想サーバを表示します。仮想サーバ画面でポート開放設定情報を入力します。

WEBサーバポート開放設定例

サンプル設定としまして、WEBサーバのポート開放設定を掲載しますので参照下さい。

ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

まず。仮想サーバ無効になっているので有効に変更します。

IPアドレス:192.168.111.50

ポート番号:「80」-「80」

Protocol:プロトコルの意味です。サーバなのでTCPとして下さい。

入力できたら適用をクリックで作業完了になります。

説明は以上です。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする