コレガ メタルギアソリッド ポート開放説明

コレガルータメニュー

ルータ型番:ルータ型番:BARPROG BARFX2 BARMX WLBARGP-P WLBARBV2 WLBARAG WLBAR-11 WLBAR-54GT BAR EX CG-WLBARGM 共通のプレイステーション3でのメタルギアソリッド(MGO)の専用ポート開放説明です。正しコレガルータはややPS3と相性悪いので、以下の手順を試しても通信トラブル改善ない場合は二重ルータ問題ないかを確認頂いてから、こちらのPS3と相性の良いルータに交換で対応してみる必要があります。

コレガルータの設定はパソコン側から作業を願いします。

プレイステーション3のポート開放はバーチャルサーバかDMZで設定を行います。DMZ設定の方が簡単に設定する事が出来るのですが、PS3以外にもポート開放を必要とするネットワーク接続対応機器等がある場合はバーチャルサーバで個別に設定を作成頂く必要があります(バーチャルサーバ設定時DMZは使わないで下さい。)

設定前の準備

お手数ですが固定頂いたIPアドレスは解除してください。

PS3インターネット接続を参照しIPアドレス自動取得(かんたん設定)に戻してください。

次にPS3のMACアドレスを確認し控えて、コレガルータにDHPCサーバによる固定IPアドレス割り当て設定を行ってください。

上記作業完了出来ましたらコレガルータの設定画面をひらいてください。設定画面表示方法は前のページを参照下さい。

スポンサーリンク

まずAdvancedメニューからバーチャルサーバを開き以下のサンプル通り5つポート開放設定を作成してください。(PS3基本ポート開放は不要です)

まずTCPプロトコル側を作成します。

プロパティ有効にするにチェックを入れ「mgo001」

接続先プロダウンから192.168.1.50

プロトコルTCP

入力ポート番号:5730

出力ポート番号5730

追加ボタンをクリック

上記の手順で作成していきます。プロパティの右側設定名称のみ番号繰り上がっていきます。その他要点のみ説明するのでポート開放サンプル図をよくご覧になって設定を作成してください。

コレガポート開放サンプル図

二つ目の設定

名称はmgo002と繰り上がって下さい。その他は図のとおりです

プロトコルTCP

入力ポート:5731

出力ポート:5731

三つ目の設定

名称mgo003

プロトコルTCP

入力ポート:5732

出力ポート:5732

四つ目の設定

名称:mog004

プロトコル:TCP

入力ポート:5733

出力ポート:5733

最後にUDPプロトコルの設定を一つ作成して完了になります。

名称:mgoudp

接続先も同様に192.168.1.50

注意:プロトコルはUDPを指定してください。

入力ポート:5730

出力ポート:5730

上記5つの設定を完了出来ましたら必ずルータを再起動させて設定を反映させて下さい。

以上で設定完了になります。その上でホストを開始できるかお試しください。

説明は以上です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする