エレコム WRC-2533GST2 / WRC-1900GST2 / WRC-1750GST2 / WRC-1167GST2 v6プラス対応Wi-Fiルーターの特徴とポート開放設定の説明

エレコム WRC-2533GST2

2018年10月エレコムはv6プラス接続に対応した高性能Wi-FiルーターWRC-2533GST2」、2018年12月に下位モデル「WRC-1900GST2 / WRC-1750GST2」を発売

GST2シリーズの廉価版「WRC-1167GST2」(2018年8月発売)モデルは発売当初v6プラスに対応していなかったが2019年5月に公開された新しいファームウェアへバージョンアップする事で対応しました

WRC-2533GST2 / WRC-1900GST2 / WRC-1750GST2 / WRC-1167GST2 特徴

WRC-2533GST2 / WRC-1900GST2 / WRC-1750GST2 / WRC-1167GST2は基本的にWRC-2533GST2の下位ルーターに当たるのだが基本スペックはほぼ同じで3製品の違いはアンテナ数の違いが異なる

・高性能なWi-Fiルーターという事は保証するのだが、一番の特徴はトレンドマイクロのセキュリティ(ライセンス最長5年)機能をルーター側に搭載した今までにないセキュアな製品と言う点です。

・ウイルス対策機能はありませんが、インターネット上に存在する脆弱を突いた攻撃やフィッシングからこのルーターに繋ぐパソコンやスマートフォンそれにPS4や任天堂スイッチを保護する事ができる。

・ネットワーク接続の性能はトラフィック容量が太く高速なv6プラス接続対応なのでフレッツ+v6プラスに加入すれば1Gbpsインターネット接続が利用可能になる。

・高速インターネットなら人気のオンラインゲームがサクサク快適なのはもちろんスマホやクローム・キャストやアマゾン・ファイアスティックTVで視聴するネットTVもスムーズに再生可能です。

Wi-Fi機能は2018年現在全ての無線LAN対応規格をクリア、2.4GHz/5GHzデュアルバンド&IEEE802.11ac及び端末を狙って電波を飛ばすビームフォーミングZと最大4ストリームMU-MIMO接続に対応します。

WRC-2533GST2 / WRC-1900GST2 / WRC-1750GST2 / WRC-1167GST2 スペック

WRC-2533GST2 WRC-1900GST2 WRC-1750GST2 WRC-1167GST2
有線WAN/LAN最大速度 1000Mbps
5GHz帯無線LAN最大速度(IEEE802.11ac規格) 1733Mbps 1300Mbps 867Mbps
2.4GHz帯無線LAN最大速度(IEEE802.11n倍速モード) 800Mbps 600Mbps 450Mbps 300Mbps
対応無線LAN規格 IEEE802.11b/g/n/a/ac
簡単無線LAN設定 WPSプッシュスタート対応
無線LAN電波の強さ 5GHz帯(802.11n/a/ac)はビームフォーミングZ対応 電波は3階未満まで届く
対応無線周波数 2.4GHz/5GHz マルチバンド
アンテナ数(内蔵) 5GHz帯:送受信 4本 2.4GHz帯:送受信 4本 5GHz帯:送受信 3本 2.4GHz帯:送受信 3本 5GHz帯:送受信 2本 2.4GHz帯:送受信 2本
LANポートのクロスストレート切り替え機能 Auto MDI/MDI-X (自動でストレートとクロス切り替え機能付き)
対応インターネット CATV含む全てのインターネット回線に導入可能(ISDN除く) でv6プラスは何もしなくても繋がりますがそれ以外のフレッツの方はPPPoE接続設定が必要な場合あり
CATV回線はCATVモデムの電源を20分切って電源を入れて機器情報更新を行って頂く必要があります。
←と基本的に各種接続方式に対応だが、v6プラスはファームウェアVer.1.13へ更新する必要がある
動作モード ブロードバンドルータ以外の使い方として、有線LAN-無線LAN変換コンバーターやWi-Fi中継機として使える
LAN以外のインターフェース 無し
搭載サーバー機能 DDNS(ダイナミックドメイン)
QoS 帯域制御機能 アップロード・ダウンロード対応
消費電力 13.2W 11.3W 8.4W
最大同時接続台数 24台 20台 16台

設定画面を表示する

ルータの設定画面を表示するには、ブラウザのアドレス欄にhttp://192.168.2.1/と入力してEnterキーを押して下さい。 以下のログイン画面から次の情報を元にログイン下さい。

ルーターログイン情報

ユーザー名とパスワード入力画面が表示されるのですが

ユーザー名は「admin」と入力

パスワードはルーター本体の裏に貼り付けしている設定シールのパスワードを入力頂ければ設定画面を表示できます。

ルーターログインパスワードサンプル写真です。

2018-wrc2533gst2-10265

IEブラウザのログイン画面。

2016atermlogin001

Chromeブラウザのログイン画面。

2016ele001001

ポート開放する場合は二重ルーターではないかを確認する

ルーターの設定画面にログインできたら、ステータス画面が出ますのでまずルーターモードで動作中とあればWAN側IPアドレスを確認してください。

ルーター設定画面のWAN&LANに表示されているIPアドレスを確認してください。

2018-wrc2533gst2-10266

WAN側IPアドレスの最初の数字が192~等(例、192.168.1.2)から始まっている場合は二重ルーターです。そのままではポート開放出来ないのでロジテックのルーターと繋がっているモデムにルーター機能が内蔵されているので、本機をブリッジモード(アクセスポイントモードとも言う)に切り替えて上流のモデム兼用ルーターにポート開放設定をして下さい。

補足、最初の数字が192以外で172.~や10.~もしくは100.~と言う数字から始まるIPアドレスの場合はポート開放出来ないプライベートIPアドレス契約となります。

もし二重ルーター環境の場合は動作モードを切替えます。本製品裏側にあるスイッチが動作モード切り替えスイッチです。

補足、アクセスポイント側だとhttp://192.168.2.1/へはアクセス出来ないのでRT側にスイッチを切り替えて5分待ってパソコンを再起動させて見て下さい。

動作モード切替スイッチ

  • ルーター(通常この位置)
  • 子機(無線LANコンバーターモード)
  • 中継機
  • アクセスポイント(ルーター機能を無効にする)

2018-wrc2533gst2-10261

スポンサーリンク

RT側にモードスイッチを切り替えてもログインページを表示できない等のエラーの場合、こちらのルータにログイン出来ないを参照下さい.。 問題なく設定画面が開いたら、ポート開放する方は以下を参照。無線LAN設定関連の方はこちら

準備 IPアドレスを固定する

ポート開放するパソコンや端末のIPアドレスを固定します。

IPアドレス固定値は次の通りです。

IPアドレス 192.168.2.50

サブネットマスク 255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ 192.168.2.1

優先DNS 192.168.2.1

代替DNS 8.8.8.8

代替DNSですが、DVR等の方は必ず代替DNSにGoogleパブリックDNS(8.8.8.8)を指定してください。さもないとDDNS更新の失敗やメール通知機能でエラーとなります。

ポート開放を行う

設定画面が開いたら、「セキュリティ」を開きます。

2018-wrc2533gst2-10262

次に「ポートフォワーディング」を開いてポート開放設定を追加します。

2018-wrc2533gst2-10263

ポート開放設定画面です、必ず有効にチェックを入れて設定して下さい。

2018-wrc2533gst2-10267

設定サンプル

ネットワークカメラ又はWEBサーバー用の80/TCPポートの設定例です。ポートチェックを行う場合は、ANHTTPDならインストール不要でWEBサーバを動作させてポート開放出来ているかを確認できるので便利です。

  • ポートフォワーディング 有効にチェック
  • ローカルIP 192.168.2.50(ポート開放する端末IPを指定)
  • タイプ TCP (両方を選択するとTCP/UDPを指定出来ます)
  • ポート 80
  • 「追加」をクリックまたはタップ

2018-wrc2533gst2-10268

追加したポート開放設定が下段に反映されたら必ず適用をクリックまたはタップして保存して下さい。以上で設定完了です。

2018-wrc2533gst2-102610

Minecraftサーバの設定例です。

  • ポートフォワーディング 有効にチェック
  • ローカルIP 192.168.2.50(ポート開放する端末IPを指定)
  • タイプ TCP (両方を選択するとTCP/UDPを指定出来ます)
  • ポート 25565
  • 「追加」をクリックまたはタップ
  • 必ず適用をクリックまたはタップ

2018-wrc2533gst2-10269

UDPポートの設定です、プレイステーションでご質問の多いCOD・NATタイプオープン(UDP/3074)にする設定で説明致します。

  • ポートフォワーディング 有効にチェック
  • ローカルIP 192.168.2.50(PS4のIPアドレスを指定)
  • タイプ UDP
  • ポート 3074
  • 「追加」をクリックまたはタップ
  • 必ず適用をクリックまたはタップ

2018-wrc2533gst2-102620

任天堂スイッチやポート番号がわからない場合はDMZを適用

沢山ポート番号を設定しなければならない場合や、任天堂スイッチ等はDMZを適用してください。

セキュリティメニューからDMZを開きます。

2018-wrc2533gst2-10264

  • 有効に必ずチェックを入れます
  • DMZ IPアドレスにポート開放したい端末のIPアドレスを指定するだけ 例、192.168.2.50
  • 適用を必ずクリックまたはタップ

以上でポート開放完了ですので接続できるかをお試し下さい。

2018-wrc2533gst2-102621

説明は以上ですが、どうもうまく出来ない、設定手順がわからない場合は気軽にコメント欄までご質問下さい。

その他の説明

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 長田 より:

    wrc-2533gst2 のポート開放が出来ないのですが教えていただけますでしょうか?

    • kagemaru より:

      何をポート開放したいのでしょうか?差し支えなければ教えていただけると案内しやすくなります。

  2. あかさ より:

    先にコメントしている方とは別の者です。
    プロバイダがとくとくBBでwrc-2533gst2を使っておりますが、WANがAuto(IPv6プラス)の場合はポート解放が出来ないのでしょうか
    調べてはいるのですが、IPv6自動設定のためIPが固定されないから出来ないというような話があったり、エレコムルーターにはIPv6プラスのポート解放機能がついてないという話があったりで方法が判然とせず困っております。

  3. あかさ より:

    お早いご返答ありがとうございます。
    PCでのオンラインゲームのためにポート解放をしようと苦慮していたので助かります。
    DMZに関しては、別記事にてパソコンには設定しないほうが良いとのことでしたので、設定は避けようと思います。
    ポート変換機能があれば、ipv6プラス環境でも使いたいポートをipv6プラスで利用可能なポートへと自由に変換してポート解放できるという理解であってますでしょうか。
    もしそうであるのであれば、Aterm WG1800HP4あたりを購入してみようと思います。

    • kagemaru より:

      確認頂いてありがとうございます、ゲームに接続するときだけDMZを設定するのはどうでしょうか。

      基本的にv6プラスは現在主流のオンラインゲームで使うIPv4アドレスが共用なので、利用できるポートが制限されてしまいます。

      ゲームが接続に使うポート番号が利用可能ポートに含まれるなら、普通にポートフォワーディング設定または「ポートフォワーディング設定が無ければDMZで対応可能です」。

      利用できるポートに「ゲームが接続に使うポート番号が含まれていない」場合は、ポート変換では対応できないので

      その場合はゲーム側のポート番号を変更する

      ゲーム側のポート番号を変更できない場合はPPPoE接続に一時的に戻す方法しかありません。

  4. なぎさ より:

    突然すみません、ご質問させていただきます。
    Androidスマートフォン(ドコモ)での【WRC-2533GHBK2-T】利用でのWiFi環境で、各キャリア共通アプリ「プラスメッセージ」だけネットワークに接続できません、と、出てしまいます。
    ルーターをこの機種に変えるまではWiFi環境でも送受信出来ていました。(それまではBUFFALOでした)
    ドコモのサイトで調べると
    ・Wi-Fiを利用したメッセージ送受信においては、5060番台(5060-5069)のポート番号を使用しております。ご利用の際には、Wi-Fi環境のポート番号利用設定をご確認ください。
    と、ありますがどのように設定したらよろしいのでしょうか?
    家族使用のスマートフォン1台1台固定して設定しないといけないということでしょうか?
    全く理解できずに困り果てておりました。
    詳しく教えて頂けましたら幸いです。よろしくお願い致します。

  5. なぎさ より:

    御返答ありがとうございます!
    上記を早速試してみましたが改善しませんでした。
    念の為、アプリをアンインストール→しなおしてみましたが変化なしでした。
    LINE等は環境で使える状態です。
    同じ環境下にいる家族も「プラスメッセージ」だけが「ネットワークに接続できません」と出ています。SMSも送れません。WI-FIを切り、4Gの状態では送信できます。

    他所で同じような質問をされていた方がおりましたが解決に至っていないようです。
    https://okwave.jp/qa/q9518806.html

  6. なぎさ より:

    すみません、訂正です。
    SMSはプラスメッセージで送受信できました。
    子供のキッズ携帯と、SMSで送受信してみましたができました。

    • kagemaru より:

      確認頂いてありがとうございます。

      ルーターのトレンドマイクロセキュリティ保護機能という物があるのですが有効化になってますでしょうか?

      ルーターメニューの「セキュリティ保護」を開くと画面を確認できます。もしかしたら「不正な通信の検知・ブロック」が有効になっているとアプリに不具合が出る可能性もあるかもしれません。
      https://www.akakagemaru.info/port/wp-content/uploads/2019/07/2019-elecom-hwnat-07112.jpg

    • kagemaru より:

      確認頂いてありがとうございます。

      ハードウェアNATもセキュリティ保護機能も関連性が無いと言うことは

      Wi-Fiアクセスポイントになにか原因があるのかも?

      WRC-2533GHBK2-Tにはelecom-2g~とelecom-5gの二種類があると思うのですが(e-Timerは繋がないでください。)

      elecom-2gで繋いでいるならelecom-5gの方に一度繋ぎ変えて見てもらえますか。

      elecom-5gに繋いでいるならelecom-2gに繋ぎ変えて見てください。

      基本的に複数台スマートフォンがあるので実質ポート開放(同じポート番号を複数設定できない)で対応が出来ないんです。

  7. なぎさ より:

    度々ありがとうございます。
    「不正な通信の検知・ブロック」を無効にして再起動してみましたが症状は残念ながら変わらずです。
    更に、スマホに入っているドコモ安心セキュリティも切ってみましたが症状は同じでした。
    何度も御解答にお時間を頂いてしまって申し訳ございません(涙)

  8. なぎさ より:

    2g、5g、繋ぎ変えてみましたが、どちらもダメでした(><)
    以前使っていたBUFFALOにつけ直してみましたが、そちらではやはり問題なく使えます。原因はやはりエレコムのルーターなのは間違いなさそうですが、アクセスポイントが原因だとして、他に対処法はありますでしょうか?
    何度も何度もすみません、解決に行き当たらず申し訳ないです…。

    • kagemaru より:

      確認頂いてありがとうございます。

      エレコムルーターと繋いでいるモデムにルーター機能があったりしないでしょうか?

      モデム名調べてもらってもいいでしょうか?何度もお手数おかけします。

  9. なぎさ より:

    ありがとうございます!
    モデムは GE-ONU PR-S300NE です。
    かなり古いです。

    • kagemaru より:

      モデム名ありがとうございます、もしかしたら二重ルーターが原因かもしれないのでちょっと調べ方を確認するので少しお時間ください。

    • kagemaru より:

      エレコムルーターのWAN側IPアドレスを調べてください。添え付け写真のIPアドレスです
      https://www.akakagemaru.info/port/wp-content/uploads/2019/07/2019-elecom-status-0712.jpg

      WAN側IPアドレスが192.168.1.2や192.168.1.3(192.168.1.~なら同じです)であれば二重ルーターなのでもしかしたらこれがプラスメッセージのポート転送の障害になっているかもしれないので

      エレコムルーターの動作モードをアクセスポイントモードに切り替えてください。

      操作方法は簡単です「WRC-2533GHBK2-T」の後ろのスイッチ(RT/AP)と書かれたものをAP側に切り替えます。
      https://www.elecom.co.jp/photo/p09/WRC-2533GHBK2-T_09.jpg

      ルーターが再起動するので5分待ってからスマホのWi-Fiがつながることを確認してください。

      問題なければプラスメッセージを再試行してみてください。

  10. なぎさ より:

    詳しくありがとうございます。

    で!できました~~~~!!!!!!!!!
    無事にプラスメッセージで送受信できました!
    二重ルーターになっていました。
    自分では1000年かかってもわからなかったと思います。
    たくさんのお時間を頂いてしまって、申し訳ございませんでした。
    お礼の言葉では言い足りないのですが…
    本当に本当にありがとうございました!!!

    • kagemaru より:

      無事接続できるようになってよかったです。

      いえいえ、まさかアプリが二重ルーターに引っかかると思って無くて、こちらこそすぐに気が付かずすみませんでした。

      ご連絡ありがとうございます。